ガラス-金属接合

技術紹介

膨張係数の一致した金属コバールチューブとコバールガラス管は直接接合することが可能であり、金属コバールチューブを介することにより、様々な金属チューブをガラス管に変換することができます。

この金属-ガラス変換は各分析機器/研究機関等へ多数の納品実績があります。

  • ガラスとステムの接合

  • ガラスと金属の接合

  • ガラスと金属の接合

  • 石英ガラスと金属の接合

成功開発事例

ガラス材料もコバールガラスだけではなく、中間ガラスを用いた段継接合を行うことができ、ホウケイ酸ガラスをはじめ膨張係数の大きく異なる石英ガラス、ソーダライムガラスまで用途に応じて材料を任意に選択することが可能です。

用途

  • 真空部品
  • 研究開発冶工具
  • 分析機器部品
  • 絶縁管

Q&A

どんな形状にすれば良いか悩んでいます。
ご安心ください。概略図と必要なスペックをご連絡頂ければ、当社の技術担当者がお客様のニーズに合わせた提案型設計を行っています。
ガラス金属の接合部の耐熱温度はどれくらいですか?
-196℃~400℃までの環境でご使用いただけます。
接合部の漏れ(リーク)は大丈夫ですか?
真空の領域で高真空(0.1Pa~10μPa)までの実績がございます。耐圧試験では2MPaまでの実績がございます。