昨今、「資産、保守体制を社内に持つ必要がない」「どこでもサービスを利用できる」などの理由で企業のクラウドサービスの利用が拡大しています。
利用用途は、ファイル保管/データ共有、サーバ利用、電子メール、社内情報共有、社内ポータル、データバックアップ、取引先との情報共有など多種多様になっていますが、その反面、情報漏えいなどセキュリティに不安がある企業も少なくありません。
当サービスは、そのようなクラウドのセキュリティに不安がある企業でも安心安全なクラウドサービスの利用をサポートするクラウド型のセキュリティサービスです。

サービスの概要

当サービスは、クラウドとオンプレミスの両環境をサポートし、優れた脅威インテリジェンスを活用して、ユーザー、情報、メッセージ、Webを保護します。アクセスガバナンス、情報保護、高度な脅威に対する防御やクラウドに移行するシステムの適正なパフォーマンスを保護するためのクラウド型のセキュリティサービスです。

各商品の特長

Symantec Email Security.cloud

  • 定義ファイルによる防御
  • Skeptic™による未知の脅威検出
  • 仮想/物理 両環境のサンドボックス(ATP:Email)で添付ファイルを安全にユーザーへ配信
  • Web Isolation機能(ETI)
  • メール文中のURLを判定、脅威と判定されたサイトへのアクセスを遮断(ATP:Email/ETI)

Symantec Web Security Service

  • 国内外、社内外問わず全ての拠点から統一ポリシーを適用し、スマートフォンやタブレットなどにも対応
  • ProxySGと連携するハイブリッド構成
  • モバイル端末利用時も標的型攻撃に対抗
  • あらゆるユーザーのWebアクセス動向を把握

Symantec Web Isolation

  • オーバーブロックの回避
  • エグゼクティブ・特権ユーザーの保護
  • メール内のURLによるフィッシング攻撃に対する防御
    (注)Symantec Email Security.cloudとの連携時に利用可能です。

CASBサービス「Symantec CloudSOC」

  • 全社クラウドサービス利用状況を可視化し、リスクの高いサービスをブロック可能
  • 企業ポリシーに反する機密情報の扱いを検知して制御可能
  • ユーザーの振る舞いに基づいた制御が可能

ページの先頭へ