標的型メール攻撃訓練サービス

標的型サイバー攻撃には技術的対策に加え、人的対策・組織的対策など総合的なセキュリティ対策を実施することが重要です。政府機関においては「危険を予知し、判断できる社員の育成」を推進しています。
    この標的型メール訓練サービスでは、標的型メール攻撃を疑似的に体験して、攻撃に対する的確な知識と判断能力が身に付けられる体験教育の支援プログラムをご提案します。


SSLの強み

  • 年々手口が巧妙になりつつある標的型攻撃メールに柔軟に対応できるよう、最新の動向を反映した内容の訓練を企画・提案します。
  • お客様の訓練目的(社員への啓発、攻撃時の対応確認など)に応じた訓練により、課題の解決をサポートします。
  • アクセス(開封)率だけでなく、標的型攻撃に関する理解度について、当社が蓄積した統計データをもとに分析・評価します。
  • 定期的な訓練実施による傾向分析やセキュリティ研修との組み合わせにより、社内ルールの周知を促し、実際に攻撃を受けた際の対応力を確実に強化します。

価格

別途お問い合わせください。
※訓練対象者数、回数、報告書や研修の有無等により変動します。


特長

  • 新規にハードウェア、ソフトウェアを導入することなく標的型メール訓練を実施できます。
  • 疑似的な攻撃を体験することにより、情報保護の必要性に関する社員一人一人の認識が向上します。
  • 標的型メールの送信、アンケートの実施により社員の方のリスク管理意識の向上を図ります。
  • アクセス状況およびアンケート結果を集計し、標的型メール攻撃に対する社員の対応力を分析・評価するとともに、社内のセキュリティ体制を強化します。

効果



標的型メール攻撃訓練の流れ


ページの先頭へ