月替わりサイバーリスク評価サービス

近年、デジタル技術の発展と共に、企業におけるシステム環境も様々に変化しております。社内ネットワークや業務システムだけでなく、各種クラウドサービスや、テレワーク環境、外部のSaaS連携、DevOpsなどのサービス開発環境、数を増し複雑化した認証システムなど管理対象は増え続け、それに伴って企業を取り巻くセキュリティリスクは、日々、増加し続けています。セキュリティリスクの確認は一度実施しただけでは意味を持たず、変動するリスクに対し、自組織のセキュリティレベルを様々な視点から継続的に把握することが求められます。

「月替わりサイバーリスク評価サービス」は、当社が用意した複数のサイバーリスク評価メニューの中から、お客様の組織で必要とされるサービスを年間の実施回数のなかで自由に組み合わせてご利用いただける構成となっております。多面的かつ継続的評価を実施することで、セキュリティリスクを把握し、適切なセキュリティ対策を計画していくことができます。

「月替わりサイバーリスク評価サービス」では、お客様ごとに専任のコンサルタントを配置します。専任のコンサルタントがリスク評価結果を個々のお客様環境に照らして解釈し報告することで、次なるアクションにつなげていけるよう支援をいたします。

サービスの特長

複数のサイバーリスク評価メニューの中からお客様の組織で必要とされるサービスを年間の実施回数のなかで自由に組み合わせてご利用可能

専任のコンサルタントがリスク評価結果をお客様環境に照らして解釈し報告することで、次なるアクションにつなげていけるような支援を実施

以下のサブメニューから契約回数分のメニューを選択可能です。

サービスメニュー説明対象
IaaS環境のリスクの評価IaaS環境の構成設定を確認することで、セキュリティのリスクを評価します。1クラウド/1回
クラウド特権IDの評価クラウドのユーザー設定を調査し、特権IDの状態を評価します。1クラウド/1回
クラウドシャドーITの評価内部のアクセスログからクラウドシャドーITの利用状況を評価します。1アクセスログ/1回
公開情報からのセキュリティ評価インターネット上に公開されている情報から、企業のセキュリティ対策状況を評価します。1ドメイン/1回
ダークウェブの情報漏洩の評価キーワードをもとにダークウェブを調査し、情報漏えいの可能性を調査します。5キーワード/1回
公開サーバの脆弱性評価公開サーバに外部からネットワーク診断を実施して、ぜい弱性の有無を確認します。3IPアドレス/1回
テレワーク環境の評価企業のテレワーク環境をヒアリングして、セキュリティのリスクを評価します。1環境/1回

「月替わりサイバーリスク評価サービス」に含まれる専任コンサルタントサービス

  • お客様の選択したサイバーリスク評価メニューにより、リスクの見える化を支援
  • お客様環境を継続把握し、リスク評価の結果をお客様環境に合わせて解説
  • お客様の気になるポイントをヒアリングし、リスク評価対象選定を支援
  • 当社ソリューション部隊と連携し、お客様環境にて検出されたリスク評価の結果を踏まえた改善策を提案

コースと価格

3回、6回、12回の3コースを用意しています。異なるメニューを選択することも、同じメニューを複数回選択することもできます。


パンフレット・資料

パンフレット・資料名

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。 Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。
ページの先頭へ