JNSA 情報セキュリティ理解度チェック・プレミアム

組織の社員・職員がそれぞれパソコンを1台使用し、メールを使っての連絡やインターネットを利用して情報を受発信することが業務の重要な手段となってきています。
    そのような状況の中では、社員・職員1人ひとりが適切な情報セキュリティの知識を身につけて安全な利用を図ることは大変重要ですが、それとともに、組織の管理者が自組織の職員の情報セキュリティの理解度がどの程度であるかを把握することが大事です。理解度レベルに合わせて適切な教育を行い、組織全体の情報セキュリティを確保することは、管理者の重要な職責なのです。
    この「情報セキュリティ理解度チェック」サイトでは、組織の管理者の方が自組織の社員・職員をユーザ登録し、受講させることで、1人ひとりの受講結果を知ることができます。また、自組織の全体としての情報セキュリティ知識レベルを確認できるだけでなく、さらに同業種の中でのランキングを知ることもでき、自組織の情報セキュリティ知識レベルの客観的な把握が可能になります。

こんな企業に有効です

  • 社員の情報セキュリティリテラシーを向上させたい。
  • 社員の情報セキュリティリテラシーが同業他社と比較して、どの程度かを確認したい。
  • 社内教育に形骸化を感じている。
  • 年間を通じて何度も研修したい。また、新規採用やキャリア採用にも活用したい。
  • 低コストで複数回利用できるサービスを利用したい。

特長・効果

<受講者>

  • 業務に必要な必要最小限のセキュリティ対策について学ぶこと(気づきを発見すること)ができます。
  • 各設問には解説があり、問題の意図(セキュリティ対策の目的)や回答(最適な行動)を学ぶことができます。
  • 業務における場面を想定した設問であるため、具体的な対策をイメージすることができます。

<管理者>

  • 組織における管理・監督者として、社員のセキュリティリテラシーを向上させることができます。
  • 自組織の平均得点をカテゴリごとにレーダーチャートで確認でき、組織の弱点を可視化することができます。また、業種や全体の平均との比較をすることも可能です。
  • 毎の受講結果を把握でき、個別に弱点をフォローすることができます。
  • 組織固有の問題を追加することができ、自社内のルール周知にも活用できます。

出題のカテゴリ

問題は下記の8つのカテゴリーにから出題され、25問の問題が出題されます。

  • 電子メールの知識と利用法。
  • インターネットの利用法と注意点。
  • ウイルスの知識と対処方法。
  • パスワードの知識と管理。
  • PCの利用上の注意点。
  • オフィスにおける情報セキュリティ。
  • ルールや規則の遵守。
  • 社外における情報セキュリティ。

価格

お気軽にお問合せ下さい。

コース登録ユーザー数年額
Aコース1~50¥30,000
Bコース51~100¥50,000
Cコース101~300¥100,000
Dコース301~500¥150,000
Eコース501~1,000¥250,000
Fコース1,001~2,000¥400,000
Gコース2,001~3,000¥500,000
Hコース3,001~5,000¥700,000
Iコース5,001~6,000¥800,000

その他 関連ソリューション

ページの先頭へ