プラットフォーム診断

プラットフォーム診断は、OSやミドルウェア、TCP/IPサービス等の既知の脆弱性を調査します

サービスや製品の既知の脆弱性を悪用する攻撃は、古くから存在する最も基本的な攻撃手法です。近年では、ミドルウェアやフレームワーク等、攻撃の対象は広範囲に及んでいます。
プラットフォーム診断は、サーバやネットワーク機器のIPアドレスに対して、ネットワーク経由で様々な検証を行い、OSやミドルウェア、TCP/IPサービス等の既知の脆弱性を調査します。
診断対象への影響が比較的少ないため、サービス公開中のシステムに対しても実施可能です。
既知の脆弱性への対策状況を攻撃者の視点で確認したいお客様に、お勧めする診断手法です。





ページの先頭へ