ペネトレーションテスト

ペネトレーションテストは、システムに存在する脆弱性を実際に利用し、侵入を試み、安全性と耐性を調査します

ペネトレーションテストは、実際の攻撃に近い形で診断を実施し、被害がどの程度想定されるのかを明らかにする手法です。
プラットフォーム診断では、既知の脆弱性の発見することが目的ですが、ペネトレーションテストでは、発見した脆弱性を実際に利用して、更なる侵入と情報の取得を試みます。実際に攻撃を行うため、診断対象への影響は大きく、サービスを提供していない環境での実施をお勧めします。
より高度なセキュリティをご要望のお客様に、お勧めする診断手法です。





ページの先頭へ