巧妙なサイバー攻撃が増加し、企業の情報漏洩リスクが高まるなか、守るだけの対策で組織を守り切るには限界があり、事前に脅威情報を入手して、脅威に対するプロアクティブなセキュリティ運用を行うことが求められています。

脅威インテリジェンスとは、サイバー攻撃を予防、または軽減するための知識で有り、誰が攻撃しているのか、攻撃の動機や能力は何か、システムの危険性を示す指標は何かなどのコンテキストを提供し、セキュリティに関する十分な情報に基づいた意思決定を行うのに役立つものです。

サービスの概要(サービスイメージ)

「Recorded Futureサービス」は、インターネット・ダークウェブ等の情報ソースから顧客に関連する脅威を収集・分析・スコアリングし、様々な形式で情報を提供するクラウドサービスです。
「Recorded Futureサービス」を用いることで、脅威インテリジェンスを活用した、組織の外にある潜在的なリスクに目を向けたプロアクティブな対策を実現することが可能になります。

サービスの適用例

セキュリティオペレーションの課題解決ぜい弱性の優先度付け企業の外からみたリスクの可視化
  • 調査に時間がかかる
  • 調べ直しが多い
  • どこを調べればよいかわからない
  • NVDが遅い
  • 脅威ベースで決めたい
  • 適用のモチベーションが欲しい
  • ダークウェブ上のリスク
  • 類似ドメインの登録
  • クリデンシャルリーク
第三者やサプライヤーリスクの管理戦略策定のための情報要求に応える既存投資の活用(他製品連携)
  • 情報収集に時間がかかる
  • 継続監視をしたい
  • 業界のリスクやインシデント収集
  • 海外や脅威アクターの動向監視
  • SIEMで生ログから脅威検出
  • SOARでタスク自動化
  • ブロックリストやぜい弱性監視

サービスの特長

クリアウェブからダークウェブまでの業界最大級のコレクションソースからリアルタイムに情報を更新・提供します。

多言語に対応した分析(Natural Language Processing)を提供します。

リアルタイムにスコアリングとエビデンスを提示します。

ポータルでは検索・アラート設定を無制限に行うことができます。

蓄積された過去の脅威情報へのアクセスを提供します。

サービスのオファリング

  • インテリジェンスカード
    • 主なターゲット:SOC、CSIRT、IT運用
    • 一目でリスクがわかるリアルタイム情報
  • ダッシュボード
    • 主なターゲット:CSIRT, IT運用, GRC (ガバナンス・リスク・コンプライアンス)
    • トレンドや監視対象のリスクを可視化、警告
  • アドバンスト検索
    • 主なターゲット:CSIRT、IR(インシデント・レスポンス)、ブランド
    • 任意の条件で検索、警告、可視化

ブラウザーに追加したRecorded Future拡張機能が、閲覧中のウェブページに存在するインジケーターをスキャンし、Recorded Futureから取得した情報を素早く表示します。

サポートブラウザー:Chrome*, Firefox *ChromeベースのEdgeでも利用可

既存セキュリティ製品と連携することで、組織のセキュリティ投資効果を最大限に生かします。

【連携例】
  • 既存セキュリティ製品のダッシュボード経由でRecorded Futureの脅威インテリジェンスにアクセス可能
  • 組織内のログとRecorded FutureのIOC (Indicator of Compromise:セキュリティ侵害インジケーター)を付き合わせ、、インシデントの検知、ならびに検出理由(Evidence)、さらには影響範囲(端末や脆弱性)を同時に提供
  • 調査対象の過程で判明したIOCをRecorded Futureに問い合わせることで、脅威度のスコア判定、理由、さらには関連IOCを同時に提供

(注)連携可能なセキュリティ製品については、お問い合わせください。

お客様のご要望に応じて、様々なレポートを作成します。

週次レポート お客様関連、業界、一般的脅威をカバー
月次レポート お客様と予め合意した5-6のトピックをカバー
四半期レポート カスタマイズされた四半期レポート
フラッシュレポート お客様の短納期ニーズに応えるクイックレポート
カレントインテリジェンス 脅威アクターやツール、イベントの深堀分析など
フォーカスインテリジェンス 国、業界、テクノロジープロファイルなどに関する戦略的レポート
その他 ベンダープロファイル、トレンド分析など、お客様のご要望に応じて作成

パンフレット・資料

パンフレット・資料名

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。
ページの先頭へ