GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

統合マネジメント支援サービス(IMS-S)
特長

特長

統合による管理のメリット

  • マネジメントシステムを統合することで、共通手順の活用や、管理体制・内部監査などの活動プロセスの標準化が行え、運用を効率化します。
  • マネジメントシステムを一元化し見える化することで、企業が抱えるリスクを統合して管理することができます。運用基準と運用実態から新たなリスクの早期発見や対応の検討が可能です。

効率化によるコスト削減

  • ISMSとPMSを統合することで、40%以上のコスト削減(注1)に加え、外部審査機関との調整により外部審査費用も約15%削減が可能(注2)となります。
  • SaaS型サービスであることを活用し、外部審査の一部を審査機関がリモートで行った場合、さらなる費用削減が可能です。(リモート審査については外部審査機関との調整が必要です。)

SaaS型による提供のメリット

  • SaaS型サービスのため、自社でハードウェアの用意やソフトウェアのアップデートを行う必要がなく、初期投資だけでなく運用コストを抑え、導入することができます。また、統合マネジメント運用のためのテンプレートや教育/セルフチェックなどのコンテンツを、最新の情報を取り入れ定期的にご提供します。
  • 今後、本サービスを利用する各企業の状況を把握し、ベンチマークやリスクマイニング(注3)を行う機能も追加予定です。

紹介パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   特長   |   機能   |   メニュー体系   |   ご紹介ムービー   |   パンフレット・資料

(注1)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ統合マネジメントシステムの運用プロセスによる実績値。
(注2)グループ審査など外部審査機関との調整が必要。
(注3)大量の非定型情報と定型情報を統合活用し、リスクの要因・傾向分析やアセスメント、対策立案支援などをおこなう技術。

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

富士通コンタクトライン (総合窓口)
icon-telephone 電話: 0120-933-200
    受付時間 9時~17時30分
    (土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
(商品お問い合わせ総合窓口)

E-mail:ssl-info@cs.jp.fujitsu.com
GTM-MF9BHZ