GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 内閣府が推進するワーク・ライフ・バランス活動「カエル!ジャパン」キャンペーンに参加

プレスリリース

2012年3月14日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

内閣府が推進するワーク・ライフ・バランス活動
「カエル!ジャパン」キャンペーンに参加

~ 「ベストライフ、ベストワーク」を目指し、ワークスタイルの変革を推進 ~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:川崎市中原区小杉町、代表取締役社長:花岡和彦、以下:当社)は、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」の実現に向け、内閣府が国民運動として推進している「カエル!ジャパン」キャンペーンの趣旨に賛同し、同キャンペーンに参加しました。

「カエル!ジャパン」キャンペーン
シンボルマーク 「カエル!ジャパン」キャンペーンシンボルマーク

当社はワーク・ライフ・バランスの実現に向け、組織横断型ワーキンググループの活動をとおして、主に育児や介護を対象とした勤務体系および制度の見直し、さらに社員同士の交流の場の提供などを行っており、2010年に次世代育成支援認定マーク「くるみん」(注1)を、2011年には「かながわ子育て応援団」(注2)の認証を取得しました。このたび「カエル!ジャパン」キャンペーン参加を機に、"ひとつ「働き方」を変えてみよう!"という本キャンペーンのテーマを社員一人ひとりが日常的に意識できるよう、シンボルマークシールの配布やポスター掲示などの取り組みを始めました。

当社は「カエル!ジャパン」キャンペーン参加にあたり、「ベストライフ、ベストワーク」をスローガンに、所定外労働の削減や定時退社の励行、有給休暇の取得率向上に向けたマネジメントをさらに強化し、社員一人ひとりのワークスタイルの変革を、より一層推進していきます。

【当社におけるワーク・ライフ・バランスの取り組み】

  • 仕事と子育て/介護の両立支援のための取り組み
    • 育児短時間勤務の適用期間を、子の小学校6年生の3月31日まで延長
    • 短時間勤務の所定労働時間に6時間勤務を追加し、2形態に拡大
    • 在宅勤務のトライアル実施
    • 男性の育児休業取得率の向上へ向けた職場風土の改革
  • 働き方の見直しに関する環境整備
    • 所定外労働の削減に向けた取り組み強化
      • トップマネジメントによる所定外労働の継続的な状況確認と作業負荷の平準化などの健康安全対策を強化
      • 休日出勤の事前指示/事前承認の徹底、代休取得の推奨
    • 定時退社の励行
      • 週に一度の定時退社 実施率100%達成を目標に、社員へ意識づけ (2012年1月度実施率81%)
    • サマータイム勤務(毎年7月~9月)の導入
      • 始業と終業の時刻を40分早めたサマータイム勤務実施により、仕事と余暇のバランスに配慮
    • 有給休暇取得率のさらなる向上を推進 (2010年度実績:82%)
      (参考)労働者1人平均年次有給休暇の取得率: 2010年 47%
      http://db2.jil.go.jp/tokei/html/W2402002.htm (「就労条件総合調査」厚生労働省)
      注:いずれも付与日数に対する取得実績値
  • 情報共有の促進
    • 「お昼休みの交流の場」を提供
      • 子育てやライフプランなど、ワーク・ライフ・バランスを推進するうえで、共通の悩みや自己啓発を考える社員同士が気楽に情報交換できる場を、昼休憩時間を活用し提供

【「カエル!ジャパン」キャンペーンについて】

2007年12月、関係閣僚、経済界・労働界・地方公共団体の代表により構成される「仕事と生活の調和推進官民トップ会議」において、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」および「仕事と生活の調和推進のための行動指針」が策定されたのを受け、2008年1月、内閣府に「仕事と生活の調和推進室」を設置し、国民運動として展開。本運動を一層効果的に推進するため、「カエル!ジャパン」というキーワードの下、集中キャンペーンが実施されています。
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/change_jpn/index.html (内閣府 仕事と生活の調和推進室ホームページ)

注釈

注1  くるみん
「次世代育成支援対策推進法」に基づき、労働者の仕事と子育ての両立支援に関する適切な行動計画を策定・実施し、一定の要件を満たした企業に対し厚生労働大臣が認定するもの。
http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/02/01.html (厚生労働省ホームページ)
注2  かながわ子育て応援団
従業員のための子ども・子育て支援を制度化している事業者に対し神奈川県が認証する制度。
http://c.rakuraku.or.jp/workplace (子育て支援情報サービスかながわホームページ)

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて
URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発・システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、自社ソリューション商品群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』により、Webサイト、CRM(Customer Relationship Management)、ワークフロー、GIS(地理情報システム)、情報活用、情報統合、セキュリティ、開発・運用基盤の8つのカテゴリによる、あらゆる業種に適用できる幅広いソリューションを、さまざまなお客様にご提供しています。また、オープンソースソフトウェア(OSS)に対応できる高い技術力と万全なサポートにより、お客様に安心してご利用いただけるOSS環境をご提供します。
1990年に、システムインテグレータ認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年にはセキュリティ監視サービスでBS7799 およびISMS認証基準の認証を取得し、2006年には全社レベルでISO27001の認証も取得しています。2008年にプライバシーマーク付与の認定を受け、さらに2009年には、情報セキュリティ格付で世界で初めて「A is(シングル・エー・フラット)」を取得し、2011年に「A+is(シングル・エー・プラス)」を取得しました。また、当社のRuby技術者育成への取り組みやRubyに関する高い技術力が認められ、同じく2011年に、Rubyアソシエーション認定システムインテグレータGoldも取得しています。

商標について

  記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
広報室

電話:044-739-1520

ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

採用関係お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
人事部 採用担当

電話:044-739-1514

ssl-recruit@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ

製品&サービス

サポート情報

  • 商品お問い合わせ総合窓口

お知らせ

富士通SSLについて

その他