GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. パソコンセキュリティ製品「PC/Safeシリーズ」のログ分析機能強化

PRESS RELEASE

2006年9月4日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

パソコンセキュリティ製品「PC/Safeシリーズ」のログ分析機能強化

~「SafeManagerAdminポリシー/ログ統合」の強化でパソコンの不正使用監視が可能に~

  株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:池上幸弘、以下:富士通SSL)は、パソコンセキュリティ製品群「PC/Safe(ピーシー・セーフ)シリーズ」のログ分析機能を、日本版SOX法施行に向けたパソコンセキュリティの総合的対策を実現するために強化および改良し、2006年9月20日から販売いたします。

  2009年3月期決算のいわゆる日本版SOX法の適用に向けて、組織全体での内部統制の取組が急務とされています。その取組の一つとして、違法行為や不正を防ぐために、パソコン使用をモニタリングし、監査証跡の確保を行うことが不可欠となっております。

  富士通SSLは、2004年4月より、セキュリティに関心の高い多くの先進大手企業をはじめとする約3,200社のお客様に、パソコンセキュリティ対策製品群「PC/Safeシリーズ」を提供し、お客様のセキュリティ対策をサポートしてまいりました。このたび、富士通SSLは、お客様の内部統制におけるパソコンの不正使用監視のご要望にお応えするため「PC/Safeシリーズ」のログ管理製品である「SafeManagerAdmin(セーフマネージャー・アドミン)ポリシー/ログ統合」に、ログデータの分析機能を新たに追加し、さらに保持するログの容量削減やアクセシビリティの向上などの改良を実施し、新たに販売いたします。

  今回のログ分析機能強化により、「PC/Safeシリーズ」を導入済みのパソコンに対して、就業時間外および休日のパソコン利用状況や、ログインの成功および失敗状況、印刷の実行状況などをパソコン単位と利用者単位にてランキング形式で表示し、分析ができます。これにより、違法行為や不正を組織全体で監視でき、内部統制をする上で有効となります。また、ログを分析することで、セキュリティマネジメントサイクルである「Plan」「Do」「Check」「Act」の「Check」(ログ分析)と「Act」(不正是正)をより簡単に実現できるようになります。アクセシビリティの面においては「SafeManagerAdminポリシー/ログ統合」における操作画面の背景色と文字色を管理者が選択できるようにしたり、ショートカットキーを表示したりと、より操作しやすい環境を実現いたしました。

  富士通SSLは「PC/Safeシリーズ」を富士通およびパートナー各社を通じてお客様に提供し、今後2年間で30億円の売上を見込んでいます。

【『SafeManagerAdminポリシー/ログ統合』の主な強化内容】

  1. ログデータの分析機能【新規追加】
    パソコンの使用状況のうち以下の項目を、パソコン名や利用者名で分類し、出現回数でランク付けできるようにしました。
    • 不正ログイン状況(ログインの失敗状況を抽出)
    • メディア使用状況(使用されたメディアを抽出)
    • 印刷状況(印刷の実行を抽出、ファイル名などのキーワードを指定して分析することも可能)
    • アプリケーションインストール状況(特定のアプリケーション名を指定して分析することも可能)
  2. アクセスログの最適化【改良】
    必要なログのみの収集を実施し、ストレージの節約ができるように改良しました。
  3. アクセシビリティの向上【改良】
    以下の観点でユーザビリティを改良しました。
    • 背景色と文字の色指定をユーザー単位で選択
    • ショートカットキーを表示

【『PC/Safeシリーズ』の製品構成】

【関連サービス】

サービス名 サービス内容
教育サービス 運用管理者向けの製品操作についての教育を実施

【販売価格、販売開始日および出荷時期】

製品およびサービス 販売価格(税別) 販売開始日 出荷時期
SafeManagerAdmin
ポリシー/ログ統合
200,000円 2006年9月20日 2006年9月末
教育サービス 200,000円から

【販売目標】    「PC/Safeシリーズ」において、2年間で30億円

【『PC/Safeシリーズ』コンソーシアムについて】

  • 『PC/Safeシリーズ』は、以下パートナー各社との連携により実現しています。
株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 株式会社富士通北陸システムズ
株式会社富士通東北システムズ 富士通サポートアンドサービス株式会社
株式会社富士通中国システムズ 株式会社富士通長野システムエンジニアリング

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

関連リンク

PC/Safeシリーズ TOPページ
セキュリティ・ソリューション TOPページ

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年には、ネットワークセキュリティ監視サービスにおいてBS7799 およびISMSの認証を取得し、さらに2006年にはBS7799およびISMSから移行したISO27001の認証も取得しております。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

報道お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
ソリューションコーディネーター統括部 マーケティング推進部

電話:044-739-1251

sa-info@ssl.fujitsu.com

お客様お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
ソリューションコーディネーター統括部 マーケティング推進部

電話:044-739-1251

sa-info@ssl.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ