GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース>
  3. 『セキュアサーバ構築サービス』を開始

プレスリリース

2004年8月13日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

『セキュアサーバ構築サービス』を開始

~個人情報保護の完全施行に向けた、企業のサーバセキュリティ対策を支援~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:斎藤 潔、以下:富士通SSL)は、個人情報保護法の完全施行に向けた企業のセキュリティ対策の強化をご支援するため、企業内に多数存在するサーバ内の機密情報を安全に管理し、情報漏えいを抑止する『セキュアサーバ構築サービス』を8月23日より提供開始いたします。

富士通SSLは、社内パソコンのセキュリティ対策として「PC/Safeシリーズ」をご提供してまいりました。近年、多くの企業内ネットワークシステムが情報改ざん、踏み台(注1)、バックドア(注2)などによる深刻な被害を受けており、パソコンだけでなくサーバのセキュリティ対策強化は必須となっています。また、セキュリティホールを突く新たな攻撃や組織内部からの情報漏えい事件も頻発しており、ファイアーウォール製品や侵入検知製品などの従来の不正侵入対策では限界があります。これらの課題を解決するため、中小から大規模なサーバまで体系的に保護するセキュアなシステムを構築する『セキュアサーバ構築サービス』の提供を開始いたします。

『セキュアサーバ構築サービス』は、先行して機能強化した「PC/Safeシリーズ」のサーバ上のデータ持ち出し防止機能を利用し、ファイルサーバへのアクセスをクライアントパソコンからファイル単位でコントロールする「ファイルサーバ・セキュリティサービス」と、プログラムのプロセスなどのシステムリソースのアクセス制御によりOSレベルで攻撃を遮断する「システムリソース・セキュリティサービス」の2つのレベルのサーバセキュリティ強化サービスをご用意しております。

サービス導入時は、お客様の重要な資産に関わるサービス提供者は、セキュリティ技術はもちろん法的コンプライアンスを兼ね備えていなければならないと考えます。富士通SSLでは、経済産業省のITスキルスタンダードを取り入れた独自のキャリア指標に基づく技術者認定制度があり、セキュリティ分野におけるエキスパート「ITエンジニア(セキュリティ)」の資格保有者が責任を持ってサービスを提供いたします。

富士通SSLは『セキュアサーバ構築サービス』により、ソフトウェア製品・サービスのみで3年間で5億円の売上を見込んでいます。

『セキュアサーバ構築サービス』のメニュー

シルバー(ファイルサーバ・セキュリティサービス)

対象サーバ ファイルサーバ
保護対象 人事情報や技術情報などの各部門情報
サービス概要 ・ファイルサーバ上のファイルやフォルダの参照、コピー、移動、印刷、名前を付けて保存などの操作や、クライアントパソコンの外部記憶媒体の使用などに、ユーザごと、クライアントごとのアクセス権が設定できるため、情報の持ち出しを抑止。
・サーバへの不正接続、クライアントパソコンのドライブ構成変更などのログにより、操作履歴の把握と情報漏えい時の追跡調査が容易。
対応OS Windows
価格 製品と構築サービスで140万円より(1サーバ:50万円、1クライアント:9800円)

ゴールド(システムリソース・セキュリティサービス)

対象サーバ Webサーバ(イントラ・インターネット上のサーバ)
保護対象 顧客情報データベース、DNSやメールサーバなどのインターネット・サーバ
サービス概要 ・あらかじめ設定されたアクセスルートだけを許可するため、未知・既知や外部・内部を問わず、不正な攻撃をOSレベルで遮断。 ・改ざんされないログを作成するので、追跡調査が可能。複雑なOSのセキュリティ設定をGUIで簡易化し、複数のサーバシステムの統合管理が可能。
対応OS Linux
Solaris(TM) Operating Environment
Windows
価格 製品と構築サービスで300万円より(保護対象サーバ追加50万円~)

『セキュアサーバ構築サービス』について

  1. 提供開始日

    2004年8月23日

  2. 販売目標

    3年間で5億円

商標について

  • Sun、Sun Microsystems、Sunロゴ、SolarisおよびすべてのSolarisに関連する商標及びロゴは、米国およびその他の国における米国Sun Microsystems, Inc.の商標または登録商標です。
  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

用語説明

注1  踏み台

管理者が気づかないうちに第三者に乗っ取られ、不正アクセスや迷惑メールの配信の中継地点に利用されているコンピュータのこと。

注2  バックドア

サーバに設けられた、不正侵入を行なうための「裏口」。

関連リンク

  • 「PC/Safeシリーズ」製品情報
  • PC/Safeシリーズ『SafeSecureKeeper』

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年には、ネットワークセキュリティ監視サービスにおいてBS7799 およびISMSの認証を取得しました。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

お問い合わせ先

営業本部 マーケティング推進部

Tel:(044)739-1520
Fax:(044)739-1539

netsa@ssl.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ

お知らせ

富士通SSLについて

その他