GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース>
  3. 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリが共同出資会社を100%子会社化

プレスリリース

2004年4月1日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリが共同出資会社を100%子会社化

~営業支援(SFA)を中心としたCRMソリューションビジネスの拡大~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:斎藤 潔、以下:富士通SSL)は、この度、日本ゼオン株式会社殿と共同出資で設立した「アントス情報システムズ株式会社」の日本ゼオン株式会社殿が保有する株式(51%)を全て取得し、「アントス情報システムズ株式会社」を4月1日付けで全額出資子会社といたします。

アントス情報システムズ株式会社は、素材・製薬・建設・金融・生命保険などのお客様に向けて、CRM(注1)/SFA(注2)製品の販売およびそれに伴うCRMシステム構築サービスをご提供しています。

富士通SSLは、コールセンター構築およびWebサイトでのOne-to-Oneサービスや大規模受発注センター構築などのCRMソリューションをご提供しています。今後は、アントス情報システムズ株式会社の、お客様視点に立ったシステム構築の実績を中核として、ピボタル社製品やオニックス・ソフトウェア株式会社の製品、また、「eセールスマネージャー(注3)」などを活用し、営業支援(SFA)を中核としたCRM/SFAビジネスを拡大し、システム企画力や構築力を強化してお客様へご提供してまいります。

【アントス情報システムズ株式会社の概要】 (2004年6月14日付変更)

所在地 神奈川県川崎市中原区小杉町1-403 武蔵小杉タワープレイス 5階
設立日 2003年4月1日
資本金 30百万円
事業内容 顧客情報データの一元管理により全社規模での顧客サービスを可能とする営業支援(SFA)を中核としたCRMシステムの構築サービスを提供しています。お客様のビジネスに花(Anthos:アントス)を咲かせる活動を積極的に展開しています。
URL http://www.ssl.fujitsu.com/anthos/
アントス情報システムズ株式会社 新経営体制
代表取締役社長 福島 芳輝
取締役 守屋 朋子
取締役 沖川 三郎
監査役 篠原 光男

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

用語説明

注1  CRM

Customer Relationship Managementの略。情報システムを応用して企業が顧客と長期的な関係を築く手法のこと。

注2  SFA

Sales Force Automationの略。パソコンやインターネットなどの情報通信技術を駆使して企業の営業部門を効率化する営業支援のこと。また、そのための情報システム。

注3  eセールスマネージャー

ソフトブレーン株式会社の製品。経営者、部門マネージャ、営業社員全ての階層向けの営業支援CRMパッケージ。ポータル上で計画立案から営業報告までのルーティンがすべてパッケージ上にあることを特徴とする。

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年には、ネットワークセキュリティ監視サービスにおいてBS7799 およびISMSの認証を取得しました。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

お問い合わせ先

営業本部 マーケティング推進部

Tel:(044)739-1520
Fax:(044)739-1539

si-sales@ssl.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ

お知らせ

富士通SSLについて

その他