GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース>
  3. セキュリティ面に配慮した『セキュア無線LAN環境構築サービス群』を販売開始

プレスリリース

2004年2月5日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

セキュリティ面に配慮した『セキュア無線LAN環境構築サービス群』を
販売開始

~安全で最適な無線LANネットワーク環境の構築と維持~

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市中原区小杉町1-403、代表取締役社長:斎藤 潔、以下:富士通SSL)は、データの安全性と運用管理に配慮した、安全・安心な無線ネットワークの調査・設計・構築を行なう『セキュア無線LAN構築サービス群』を2月5日より提供開始します。

高速化、低価格化が著しい無線LANは、レイアウトを気にせずにネットワークアクセスできるなどの利便性から、社内導入する企業が増加しています。しかしながら、昨年発表された警察庁資料※1によると、無線LAN導入企業の大半がセキュリティに問題のある危険な状態で運用していると報告されており、通信傍受による情報漏えいや、悪意を持った不正侵入などの様々な脅威に対策を講じる必要があります。また、すでに無線LANを導入している企業においても、通信トラブルの対応や不正アクセスポイントが発見できないなどの管理・監視面をどう運用していくかが課題となっています。

富士通SSLは、これまで、お客様に最適な情報通信ネットワーク基盤を構築する「ブロードバンドソリューション※2」と、ネットワークシステムに対する様々な脅威に最適なセキュリティ対策技術を適用する「セキュリティソリューション※2」をご提供してまいりました。さらに、無線LAN機器の検証および技術対応窓口業務の実績から、これらのノウハウや最先端のテクノロジを活用し、より安全で利便性の高い無線LAN環境の構築を実現する『セキュア無線LAN構築サービス群』を提供開始します。富士通SSLは『セキュア無線LAN構築サービス群』において、今後2年間で5億円の売上を見込んでいます。

社外公式サイト:press040205.gif

『セキュア無線LAN構築サービス群』で使用する製品

サービス

必須プロダクト

セキュア無線LAN
構築サービス

認証サーバ(Windows Server 2003)
アクセスポイント

運用環境
構築サービス

無線LANスイッチ(Airespace 4000シリーズ、4100シリーズ)
管理用サーバ(Airespace管理ツールACS)
アクセスポイント(Airespace1200アクセスポイント)

シームレスローミング環境
構築サービス

ローミングサーバ(Seamlesslink)
アクセスポイント

社外利用環境
構築サービス

SSL-VPN装置(NEOTERIS)

『セキュア無線LAN構築サービス群』について

標準価格 サービス1 『セキュア無線LAN構築「基本」サービス』:230万円より
サービス2 『運用環境構築サービス』:550万円より
サービス3 『シームレスローミング環境構築サービス』:280万円より
サービス4 『社外利用環境構築サービス』:670万円より
販売開始日 2004年2月5日
販売目標 2年間で5億円

『セキュア無線LAN構築サービス群』の種類と特長

  1. サービス1 『セキュア無線LAN構築「基本」サービス』

    堅固な暗号化と利用者認証とで安全面に配慮した基本的な無線LAN環境を構築します。
    ・ダイナミックWEP※3(一定時間で暗号化の鍵を変える方式)を採用
    ・業界標準のユーザ認証規格であるIEEE802.1x ※4 を利用した堅固な利用者認証

  2. サービス2 『無線LAN運用環境構築サービス』

    無線LANの運用管理を軽減するため、無線LANスイッチを採用した一元管理環境を構築します。
    ・隣接オフィスやビルなど、外部無線LANからの影響を自動検出
    ・不正なアクセスポイントの検知/排除(切断)
    ・アクセスポイント故障時に隣接アクセスポイントが領域をカバー

  3. サービス3 『シームレスローミング環境構築サービス』

    アクセスポイント間を移動しながら通信を維持するシームレスローミングを実現します。
    ・無線LANに限らず、有線、携帯電話、PHSなど最適なネットワーク環境を自動で選択可能
    ・端末の簡易な所在地情報の提供

  4. サービス4 『社外利用環境構築サービス』

    ホットスポットなど社外からインターネット経由でSSL-VPN ※5 を利用した接続を実現します。
    ・クライアントソフトが不要

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

用語説明

注1  警察庁資料

警察庁生活安全局生活安全企画課「ハイテク犯罪等に係る被害状況の調査」(平成15年3月発表)

注2  ブロードバンドソリューション、セキュリティソリューション

「ブロードバンドソリューション」
企画・コンサルから設計・構築、保守・運用に至るまで、システム全般に対する問題解決をご支援し、お客様の情報通信ネットワーク基盤構築を実現するための総合的なソリューション。
「セキュリティソリューション」
セキュリティポリシーの策定から、各種のネットワークインフラ構築の設計・構築、およびリモートセキュリティ監視にいたるまで、システム全般の問題解決と様々な脅威の分析により、最適なセキュリティ対策技術を適用するための総合的なソリューション。

注3  WEP

Wired Equivalent Privacyの略。RC4アルゴリズムをベースにした秘密鍵暗号方式でIEEEによって標準化されており、IEEE 802.11bのセキュリティシステムとして採用されている。

注4  IEEE802.1x

LAN内のユーザ認証の方式を定めた規格。認証されていないクライアントからの通信をすべて遮断し(認証要求を除いて)、認証されたユーザにのみ通信を許可する。また、他のユーザによる通信ポートの乗っ取りを防止するため定期的に再度認証を行なわせることもできる。ユーザ認証に使用するサーバはRADIUSなど。

注5  SSL-VPN

Secure Socket Layer-Virtual Private Networkの略。インターネット上で認証技術や暗号化を用いて保護された仮想的な専用回線。

富士通SSLについて  URL:http://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/

富士通SSLは、富士通グループの一員として、基盤ソフトからアプリケーションまでのソフトウェア開発、コンピュータ・システム構築などを中心に事業を展開してきました。また、これらの技術をもとに、流通業、製造業、通信事業、自治体など様々なお客様に向けたソリューション・サービスを提供しています。1990年に、システムインテグレーター認定、1996年にはISO9001の認証を取得しました。また、2003年には、ネットワークセキュリティ監視サービスにおいてBS7799 およびISMSの認証を取得しました。現在、お客様のビジネスの成功を強力にプロデュースするソリューション群『PoweredSolution(パワード・ソリューション)』を整えCRM、EAI、データウェアハウス、ネットワーク構築およびセキュリティなどの幅広い分野でサービスを提供しています。

お問い合わせ先

営業本部 マーケティング推進部

Tel:(044)739-1520
Fax:(044)739-1539

netsa@ssl.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

GTM-MF9BHZ

お知らせ

富士通SSLについて

その他