GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品>
  3. 特長

FUJITSU Enterprise Application WebコアCMS
特長

散在するWebコンテンツを一元管理

社内外に発信する各部門の情報を一元管理

  • HTMLファイル、GIFやJPEGなどの画像ファイル、PDFドキュメントなど、全てのWebコンテンツを一元管理し、ブラウザ上の操作のみで登録や運用などが可能です。
  • 各ページはWebサイトと同様の階層で管理し、プレビューが可能です。
  • すべてのコンテンツを版数管理でき、過去や未来のサイトのプレビューも可能です。

マルチサイト管理

  • 複数サイトを1つのシステムで管理が可能です。
  • サイトごとに管理者や承認フローなどの定義が可能です。

効率的なWebサイト管理および責任の明確化

コンテンツ公開手順および責任の明確化

  • コンテンツ登録・承認権限、承認フローを設定することで、運用手順を明確化し、スムーズな運用が可能です。
  • コンテンツの承認ルートは、作成部門の組織内の役割、承認者の権限を明確化し、柔軟かつきめ細かな設定が可能です。
  • 情報公開における責任の所在や、内容および表現の確認などを、それぞれの部門やコンテンツの種類に応じてルール化します。

ホームページの運用に関するリスクを軽減

  • ホームページ作成から公開までの手順を明確化することで、増大するWebコンテンツの管理、ホームページ運営に対するリスクの管理が可能です。
  • 誰が何を登録したか、何を更新したかを管理します。
  • 承認履歴を管理することで、公開情報に対する責任の所在を明確化します。
  • 複数コンテンツを一括申請・承認することで更新漏れを防ぎます。

ホームページ作成からサイト運用までの負荷軽減

Web担当者によるWebサイト運用の内製化

  • 「テンプレート」を活用し、ブラウザからの情報入力でHTMLタグを書けない人でも簡単にページの作成、更新、削除 が可能です。
  • 統一されたレイアウト・テンプレートを使用することにより、ページ作成時に意識する事なく、全体的なデザインの統一を図れます。
  • お問い合わせ、アンケート、申し込み受付などの各種フォームも操作画面に沿って情報を入力するだけで簡単に作成が可能です。

任意の時間に情報発信が可能

  • ホームページ作成者が自由に公開時間を設定可能です。

お客様の環境に影響なく導入可能

  • WebコアCMSは、Webサーバとは別のサーバでコンテンツを管理するため、現在運用されているホームページ公開用のWebサーバはそのまま利用が可能です。
  • Web対応アプリケーションのため、現在お使いのパソコンやサーバにActiveXなどの特別なツールを導入する必要もありません。
    現在の社内環境の運用管理を煩わすことなく、導入することが可能です。

直感的な操作が可能なGUI

  • 慣れていない人でもブラウザのGUI画面を見ながら簡単に情報発信でき、誤操作によるミスなどが減少します。

短期間での移行

  • 既存コンテンツの一括取り込み、新しいテンプレートへの自動変換により、サービスを止めることの無く短期間でのサイト移行が可能です。
  • 移行専用ツールを使いお客様自身で段階的に移行作業を行うことも可能です。

JIS X 8341-3:2016に基づくアクセシビリティチェック機能

  • 情報登録時に、画面上でJIS X 8341-3:2016に基づくアクセシビリティチェックが可能です。

他製品との連携

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   特長   |   機能   |   動作環境   |   導入事例   |   標準価格   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ

お知らせ

富士通SSLについて

その他