GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

Oracle WebLogic Server(旧BEA WebLogic Server)

本製品はIPv6に対応しています。対応範囲など詳細については、お問い合わせください。

Oracle WebLogic Serverには、Standard EditionとEnterprise Editionがあります。
Standard Editionは、エントリーレベル向けのJavaEEアプリケーションサーバです。
Enterprise Editionは、Standard Editionの全機能に加えて、より大規模なエンタープライズアプリケーション向けのクラスタリング機能や管理機能が含まれます。

Standard Edition

概要

Oracle WebLogic Server Standard Editionは、エンタープライズ・アプリケーションおよびサービスの構築と実行のための、世界最高のアプリケーション・サーバです。
最新のJava EE標準が実装されており、各種の開発フレームワークおよび統合ツールを提供します。
包括的でユーザー・フレンドリーな管理機能により、使いやすいグラフィカル・コンソールまたは自動化機能(あるいはその両方)を通じて、さまざまな高性能システムを管理できます。

特長

柔軟性と信頼性 開発者に、各種のプログラミング・モデルおよびフレームワーク、ならびに統合ツールを提供します。
これにより、SOA、Web 2.0/RIA、メッセージングなどについてのスキルセットやプロジェクトの要求を満たすことができます。
サービス品質 要求の厳しいエンタープライズ・クラスの環境において実証済みの信頼性、可用性、スケーラビリティおよびパフォーマンスを提供します。
管理性 GUIツールまたは自動スクリプトにより、本番環境のアプリケーションおよびサービスを効率的に管理、監視できます。

Enterprise Edition

概要

Oracle WebLogic Server Enterprise Editionは、アプリケーションおよびサービスについて高可用性と優れた診断機能を必要とする場合に最適なアプリケーション・サーバです。
Enterprise Editionには、Standard Editionの全ての機能や利点に加えて、実証済みのクラスタリング・テクノロジー、マルチドメイン管理機能、診断ツールなどが含まれています。クラスタリングにより、特定のサーバから別のサーバへのシームレスな移行やフェイルオーバーが可能になります。これにより、ビジネス・クリティカルなアプリケーションおよびサービスの継続的な稼動を保証します。詳細な診断およびメモリ・リーク検出によって、パフォーマンスのボトルネック、非効率的なメモリ使用、その他の構成上の異常などといった問題の根本原因を検出し、アプリケーションの障害を防止できます。

特長

高可用性 管理は非常に簡単でありながら、ほぼ継続的な運用が可能
詳細な診断 実行時のパフォーマンスに影響を与えることなく本番環境のアプリケーションをプロファイリング、監視および管理し、クリティカルなボトルネックを特定
パフォーマンス 実証済みかつ世界最高クラスのパフォーマンスにより、既存の基盤ITシステムの価値を最適化

Oracle WebLogic Serverトップページ   |   FAQ

富士通SSL日本オラクル株式会社とパートナー契約を結んでいる一次販売代理店です。 Oracle Corporationのロゴです。

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ