GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. 開発・運用基盤 >
  4. Oracle Java SE Advanced / Oracle Java SE Advanced Desktop

Oracle Java SE Advanced
Oracle Java SE Advanced Desktop

本ページでご紹介している製品は、販売を終了しております。
予めご了承ください。

【重要】Oracle® Java SE Advanced / Advanced Desktop販売終了のお知らせ

Oracle® Java SE Advanced / Advanced Desktopは、生産終了に伴い当社からの販売も終了とさせていただきました。今後は保守サービスのみの提供となります。
販売終了に関しご不便をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

後継システム
Oracle Java SE Subscription
※Oracle Java SE Subscriptionについては、富士通のお問合せ窓口もしくは、日本オラクルのお問い合わせ窓口にお問い合わせください。

「Oracle® Java SE Advanced」「Oracle® Java SE Advanced Desktop」は、Java SE のアップデートリリースの無償提供が終了(End Of Life / EOL)した後も、延長サポート終了までアップデートリリースを受け取ることができる有償ライセンス製品です。

Oracle Java SE 7 のアップデートリリースの無償提供が2015年4月に終了しました。

Oracle Java SE 7 の無償でのアップデートリリースの提供が2015年4月に終了しました (End Of Life / EOL)。これ以降、新規に Oracle Java SE 7 向けに提供されるアップデートリリースを受け取るためには、商用 Java SE 製品である、「Oracle Java SE Advanced」もしくは「Oracle Java SE Advanced Desktop」のライセンスが必要となります。
また「Oracle Java SE Advanced」や「Oracle Java SE Advanced Desktop」の導入することで、アップデートリリースの提供だけでなく、サポート窓口への技術問い合わせ等のサービスやツール群も利用可能になります。

Oracle Java SE Advanced サポートロードマップ

バージョン リリース日 無償Java SE EOL 標準サポート終了 延長サポート終了 無期限サポート
Java SE 6 2006年12月 2013年2月 2015年12月 2018年12月 あり
Java SE 7 2011年7月 2015年4月 2019年7月 2022年7月 あり
Java SE 8 2014年3月 2018年9月 2022年3月 2025年3月 あり
2017年7月現在の「Oracle Java SE Support Roadmap」より抜粋。
Java Web Start, Java Plug-in を含むデプロイメントテクノロジのサポート終了予定については別途お問い合わせください。

製品概要

「Oracle Java SE Advanced」

Java SEにおけるアップデートリリースやツール群の提供、製品サポートサービスが含まれます。

「Java SE Advanced Desktop」

「Oracle Java SE Advanced」のサービス、ツール群の利用をお客様のデスクトップ環境に限定し提供します。

「Oracle Java SE Advanced / Java SE Advanced Desktop」のサポート提供範囲

「Oracle Java SE Advanced / Java SE Advanced Desktop」のサポート提供範囲は以下の図で示されるJava SEの範囲となります。

サポート提供範囲

拡大表示図を拡大表示 (75 KB)
(注)Java EE アプリケーションサーバにて機能が提供されます。

特長

Java VM の挙動を低負荷で常時記録する「Oracle Java Flight Recorder」を提供

「Oracle Java Flight Recorder」 はJava SE 7より追加された「Oracle Java SE Advanced / Java SE Advanced Desktop」の製品ライセンスをお持ちの方のみ、利用可能な新機能です。Java VMの稼働状況を継続的に低負荷で取得し、チューニングや障害解析、アプリケーションのパフォーマンス改善に役立てます。取得した情報は「Java Mission Control」を使って可視化、分析することも可能です。

Oracle Java Flight Recorder

Java SE の Specialization 認定を受けた実績豊富な富士通SSLがサポート

当社は、Oracle社よりJava SEのSpecialization認定を受けており、多数のJava技術者を擁しています。また、WebLogic Serverのサポート提供にあわせ10年以上Java VMのサポートを提供してきた実績があります。製品もOracle WebLogic Server / Coherence / Mobile Application Framework などの Java 関連製品、SOA製品を中心に幅広く取り扱っています。

(注)Specialization認定は、お客様の推薦、スペシャリストの保有数、ビジネスの実績という3つの基準により選出され、Oracle社の製品・ソリューションにおける販売・開発・実装について、実績に裏付けられた高い知識と専門性を有することがOracle社により認定されたものです。

提供サービス・ツール

サービス・ツール 概要
製品サポート 24時間365日、電子メールもしくは電話でのお問い合わせへの対応
アップデートリリース バグ修正、セキュリティ問題の修正等を含むアップデートリリースの提供(無償終了(EOL)後も継続)
Oracle Java Flight Recorder ほとんど負荷をかけずに実行時のJava仮想マシン(Java VM)、アプリのプロファイルデータを取得
Oracle Java Mission Control Javaアプリケーションを監視、診断、プロファイリングして、実行中のJava仮想マシン(Java VM)を詳細に分析

動作環境

製品名 OS
Oracle Java SE Advanced Linux、Windows、Solaris
Oracle Java SE Advanced Desktop

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ