GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. FAQ

データ暗号化
RSA BSAFE(アールエスエー・ビーセーフ)
FAQ

本ページでご紹介している製品は、当社からの販売を終了しております。
予めご了承ください。

(2015年4月9日)
  1. RSA BSAFEは暗号ツールキットということですが、何が提供されるのですか?
  2. RSA BSAFEは暗号強度に制限がありますか?
  3. RSA BSAFEはどのようなOS/プラットフォームに対応していますか?
  4. RSA BSAFEを評価してみたいのですが、正式なライセンス契約が必要ですか?
  5. PerlやVisual BasicなどCあるいはJava以外の言語に対応したツールはありますか?
  6. ファイルの暗号化やデータの暗号化を行ないたいのですが、対応したツールはありますか?

FAQ_q

RSA BSAFEは暗号ツールキットということですが、何が提供されるのですか?

FAQ_a

RSA BSAFEには、C言語用のツールキットとJava用のツールキットがあります。
提供されるものは、ライブラリ(CライブラリまたはJavaクラスライブラリ)、サンプルコード、マニュアルです。
特に、サンプルコードはソースコードでの提供となりますので、RSA BSAFEの利用方法(実際のコーディング方法)を理解する際に役立ちます。


FAQ_q

RSA BSAFEは暗号強度に制限がありますか?

FAQ_a

RSA BSAFE自体には、暗号強度の制限はありません。ただし、利用目的や使用場所等によっては、各国の輸出規制により制限を受ける場合がありますので、詳細につきましては、個別にお問い合わせください。


FAQ_q

RSA BSAFEはどのようなOS/プラットフォームに対応していますか?

FAQ_a

RSA BSAFEの対応プラットフォームにつきましては、動作環境をご参照ください。
掲載されていないプラットフォーム(例えば、組み込み系のリアルタイムOS等)につきましては、移植サービスも提供していますので、個別にご相談ください。


FAQ_q

RSA BSAFEを評価してみたいのですが、正式なライセンス契約が必要ですか?

FAQ_a

正式なライセンス契約前に、製品の詳細情報やプロトタイプ開発をしていただくための評価版を定価98,000円(消費税別)でご提供しています。評価期間は90日となります。


FAQ_q

PerlやVisual BasicなどCあるいはJava以外の言語に対応したツールはありますか?

FAQ_a

RSAセキュリティが提供しているBSAFE製品は、C言語およびJavaのライブラリだけですが、PerlやVisual BasicからCあるいはJavaを直接あるいは間接的に呼び出すことにより、利用することができます。


FAQ_q

ファイルの暗号化やデータの暗号化を行ないたいのですが、対応したツールはありますか?

FAQ_a

汎用的な暗号ライブラリを提供するRSA BSAFE Crypto-CあるいはRSA BSAFE Crypto-Jを利用することにより、実現可能です。

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   特長   |   動作環境   |   FAQ   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ