GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

Net LineDancer

「Net LineDancer」は、社内に多数散在する様々なベンダーのネットワーク機器を一括管理する製品です。
機器のコンフィグレーション(以下:コンフィグ)を収集し、コンフィグのバックアップや世代管理の自動化、設定の一括変更予約など、従来、機器毎に手動で行っていた作業を自動化することで運用負荷の大幅な削減を実現します。

このような方におすすめ

  • 会社の合併や店舗統廃合でネットワーク運用保守業務の見直しを迫られている方
  • ネットワークの属人的な運用保守業務を一元化し汎用的な業務に改善したい方
  • ネットワークの運用や保守の作業品質の均一化や深夜設定変更作業のコスト削減を検討している方

利用例


複数ベンダーのネットワーク機器管理

ベンダーの異なるネットワーク機器もNet LineDancerで一括管理

サポート対象のネットワーク機器であれば、異なるベンダー製品もNet LineDancerにて管理可能になります。ベンダーごとのインターフェースで個別に操作していた手順の一部をNet LineDancerに移行することで、複雑になっていたネットワーク機器の運用保守業務をシンプルに一元化し、作業の属人化を改善します。

NetLineDancer利用シーン

休日、夜勤のネットワーク変更作業

大人数で行っていた休日、夜勤のネットワーク変更作業をNet LineDancerで一括変更

事前に設計したコンフィグをジョブ化することで、指定日時にネットワーク機器のコンフィグを一括で変更します。これにより作業はジョブ実行結果の確認のみとなります。

NetLineDancer利用シーン


特長


マルチベンダーのネットワーク機器を一括管理

富士通、Cisco Systems、A10 Networks、Blue Coat、Juniperなど40社以上のネットワーク機器を共通のインターフェースで一括管理することができます。対応ベンダー以外の機器についても、専用のアダプターを作成することで管理対象に追加可能です。(注1) また、管理画面は日本語表示かつ直観的なGUIが提供されており、初心者でも簡単に操作が可能です。
(注)専用アダプターの作成には別途費用が発生します。

コンフィグのバックアップ、世代管理を自動化

ネットワーク機器のコンフィグを収集し、従来、機器毎に手作業で行っていたコンフィグのバックアップや世代管理を自動化することで、常に最新状態を維持すると共に、属人的なネットワーク運用業務の人為的ミスを排除し、運用コストを大幅に削減します。

コンフィグ設定を予約時刻に一括変更

複数のネットワーク機器に対し、予約した時刻にパスワードやアクセスコントロールリストなどの設定変更を実行することができます。さらに、複数項目の一括変更も可能であり、作業漏れを防止すると共に、各機器のコンフィグ設定を均一化することでネットワーク品質を維持することができます。

コンフィグの差異をわかりやすく表示

世代間のコンフィグの差異(変更、追加、削除)を色別に表示することでコンフィグの遷移が容易に確認でき、設計変更や障害時の切り分けの迅速化を可能にします。

コンフィグの復元が可能

稼働中のネットワーク機器に故障などのトラブルが発生した場合、復元ウィザードを利用して代替機器にコンフィグを復元することで、被害を最小限に抑え、迅速に正常な状態に戻すことができます。



機能

機能 効果
コンフィグ収集や差分比較、世代管理
ネットワーク機器のコンフィグレーションをスケジュール化して自動で収集。収集したコンフィグは世代管理が可能で、さらに任意の世代間での差異を分かりやすく表示することが可能。
バルクチェンジ
複数のネットワーク機器にコマンドを一括で投入することが可能。定期的なアクセスリスト変更やパスワード変更など、頻繁に実施する作業は、必要なコマンドをまとめてテンプレートとして用意することも可能。
コンフィグレーション復元
稼働中のネットワーク機器にトラブルが発生した場合は、復元ウィザードを利用して簡単に代替機器にコンフィグレーションを投入し復元することが可能。
インベントリの管理
インベントリ情報を一覧でリスト化。資産管理としても利用可能。
ジョブ履歴の確認
Net LineDancerが実行したジョブの実行結果は、全て履歴としてデータベースに保存されるため「いつ、誰が、どのような」ジョブを実行したか証跡管理が可能。
クレデンシャルのインポート
ネットワーク機器のクレデンシャル設定をCSV形式でインポートすることが可能。大量のネットワーク機器のクレデンシャルが一括で登録可能。
スマートブリッジ
複数のネットワークセグメントで重複する同一IPアドレスを持つネットワークシステムを運用している場合や、対象機器数が20,000台を超える場合に利用する機能になります。キャリアやMSP、データセンターなどの大規模ネットワークで利用されています。
コンプライアンス
登録したコンプライアンスポリシーに従い、 コンフィグレーションの「コンプライアンス違反」を検知する機能。 コンプライアンスルールに違反するネットワーク機器は、デバイスビュー内で赤いアイコンで表示され、違反内容を確認することが可能。
ターミナルプロキシ
Tera Termと連携して、Net LineDancerを踏み台にしたネットワーク機器への自動ログインが可能。Tera Term上での操作履歴も一括管理が可能。
リダンダント
Net LineDancerは冗長化が可能。(Linux版のみ)

システム構成

製品名/開発元 システム要件
Net LineDancer /
ロジックベイン社
ネットワーク機器群を管理するサーバとしてインストールし、コンフィグ収集、変更、管理を行います。

対象ネットワーク機器(開発元)
A10ネットワークス、アラクサラネットワークス、アルカテル・ルーセント エンタープライズ、アライドテレシス、Alteon、日立金属、アルバネットワークス、Blue Coat、Brocade、Check Point、Cisco Systems、Citrix Systems、Dell、Extreme、F5ネットワークス、Fortinet、Foundary、富士通、古川電工、HP、Juniper、NEC、Nortel、パロアルトネットワークス、Riverbed、YAMAHA

Net LineDancerサーバ
OS:VMware ESXi 5.5以上
CPU:2 core以上(注1)
メモリ:4GB以上(注1)
ディスク:5GB以上(注1)
RAID1 / RAID1+0を推奨(注1)
(注1)管理台数により変化します。

販売価格

販売価格(税抜き) 備考
約97万円~
Net LineDancer1台で50~40,000デバイスまで対応
※オプションで20万デバイスまで対応可能
※ご希望により、設計や構築も行います。(個別見積り)

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |  特長  |  機能  |  動作環境  |  販売価格  |  パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ