GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

フォレンジック製品(注1) HUNTSMAN(ハンツマン)

本ページでご紹介している製品は、販売を終了しております。
予めご了承ください。

従来の製品とは異なる独自の技術(注2)により、リアルタイム監視と未知の脅威の防御を実現する統合監視ソフトウェアです。

標的型攻撃や、なりすましによる情報漏えいをはじめ様々なセキュリティリスクを排除することができます。

  • ファイアーウォールや侵入検知システム(IDS)、侵入防御システム(IPS)をはじめ、様々なサーバやネットワーク機器、パソコンのログや入退室システムなどのログを収集し、一元管理します。
  • ログの定常状態を学習する「HUNTSMAN」の独自技術により、異常な行動をリアルタイムに検出し防御することができます。
  • オーストラリアやイギリスの軍事機関、金融機関をはじめ高度なセキュリティが要求される企業に多数導入されており、安全性が高く評価されています。

HUNTSMANのコアである2つの判定エンジンB.A.D.とA.C.E.が全方位でプロテクトします。

B.A.D.テクノロジー 予期できない「未知の脅威」を防御
自動学習機能をもつ、学習型エンジンです。
自分自身のデータに基づいて自律的に判断し、警告を出します。
A.C.E.テクノロジー 内部漏洩など「内なる脅威」を防御
ユーザー定義のパターンにそって監視するルールベースの相関エンジンです。

HUNTSMAN構成図

HUNTSMAN構成図

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード


(注1) 情報漏洩や不正アクセスなど、コンピュータが関わる犯罪が起きた際に、コンピュータ本体に記録された電子データを収集/分析して、証拠とするための技術のこと。
(注2) B.A.D(Behavioral Anomaly Detection/振舞による異常検知)と呼ばれる技術。ログに基づいたプロファイルを作成(定常状態を学習)し、プロファイルから逸脱した状況を検知することが可能。

トップページ   |   特長   |   動作環境   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ