GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. 機能

FireMon(ファイアーモン)
マルチベンダー ファイアーウォール運用支援ソフト
機能

本ページでご紹介している製品は、当社からの販売を終了しております。予めご了承ください。(2016年4月6日)

FireMonの5つの機能

  1. 変更管理機能
  2. ファイアーウォールポリシー精査機能
  3. レポート生成機能
  4. マルチベンダーネットワーク可視化機能
  5. 承認ワークフロー機能

変更管理機能

ファイアーウォールポリシー、環境設定ファイルの変更管理を行います。


変更管理機能
拡大表示 図を拡大表示 (122 KB)

ファイアーウォールポリシー精査機能

ルールの重複や矛盾等を自動で精査します。さらに、ルールの重複が検出された際には一緒に推奨対応も表示します。

  • 重複ルールの検知
    重複ルールの検知
  • 期限付きルールの検索 期限付きルールの検索
  • ルール利用統計の分析

    リアルタイムにログの分析を行い、ポリシーの最適化のためにどのような変更をすべきかが一目で把握できるようにします。

    ルール利用統計の分析

レポート生成機能

変更レポート、PCI DSSコンプライアンスレポート等のレポートをPDFやhtml形式で生成します。

  • 変更レポート

    変更されたルールをレポート。

    レポート生成機能
  • PCI DSSコンプライアンスレポート

    クレジットカード業界で必須要件であるセキュリティ基準「PCI DSS」から見た適合度をレポート。

    PCI DSSコンプライアンスレポート
  • トップルール使用率レポート
    良く使われているルールをレポート。
トップルール使用率レポート
  • FW状態ウイークリーレポート
    ログ出力、IP、ポリシー変更状況をファイアーウォール毎にレポート。
週時ポリシーレポート

マルチベンダーネットワーク可視化機能

通信させたい情報(SRC IP、DST IP、SERVICE)を指定することにより、通信がどの経路を通るかマップ上に表示します。あわせてアクセスパス分析も提供しています。

マップ上での表示

マルチベンダーネットワーク可視化機能

拡大表示 図を拡大表示 (391 KB)

アクセスパス分析

  • 二点間の通信が通らない事象の切り分け
    1. FireMonのシミュレーション環境にて二点間の通信を再現させる
    2. 経路内に存在するゲートウェイ装置のアクセス制御ポリシーから、どの装置の何行目のルールにより通信がドロップされているかを検出できる
  • 新しくサービスを追加する際の設定変更による影響確認
    1. FireMonのシミュレーション環境に新規サービス対するルールを登録
    2. FireMonにて迂回ルートの検知
    3. 検出された迂回ルートにある装置にACLルールを追加
変更管理レポート

承認ワークフロー機能

変更申請→ルール設計→レビュー→実装→確認までを回送ルートに則ってメールにて回送、保全します。 また、ロールベースのチケット管理であるためロールによる作業制限も可能です。

【承認ワークフロー機能に含まれるもの】

  • ロールベースのチケット管理
  • ファイル添付
  • 画面のコーポレートロゴのカスタマイズ
  • 回送ルートの設定
  • ルール設計支援
ワークフロー作成画面
拡大表示 図を拡大表示 (169 KB)

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ