GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品>
  3. 特長

FUJITSU Security Solution
SHieldWARE NE(シールドウェア-エヌイー)
サーバ操作履歴録画ゲートウェイ
特長

動画記録により効率的な証跡管理を実現

  • 管理対象機器へログインして行った全ての操作内容を「誰が・いつ・何に・何をした」という作業履歴として動画で記録することができます。
  • 記録した動画に対し、動きのない部分のスキップや、2~16倍速で高速再生ができるため、監査時間を短縮し業務の効率化を実現します。

IDの一時払い出しにより臨時の作業にも対応可能

  • メンテナンスなどで一時的に利用できるログインIDを承認者の承認のもとで払い出すことが可能です。払い出されたIDは指定した期間のみ利用可能なため、作業完了後のID削除などが不要となり、システム管理者の負荷を軽減することができます。

短期間で容易に導入可能

  • 「SHieldWARE NE」は管理対象機器にエージェント()を入れずに動作することができるため、既存環境への影響を最小限に抑え短期間での導入を実現します。

提供形態により、容易なインストールと柔軟なシステム拡張が可能

  • 「SHieldWARE NE」はVMware vSphere™を搭載したサーバ上で動作する仮想アプライアンスです。最適化されたOSとアプリケーションを組み合わせた形式で提供するため、容易にインストールすることができです。また、「SHieldWARE NE」のリソース利用状況に合わせて、メモリやHDDなどのサーバリソースを追加することが可能です。

()エージェント:ネットワーク機器の管理/監視を行なう際に、管理対象機器にインストールするプログラム。

その他機能について

セキュアなリモート・アクセス

  • SSL通信による暗号化により、セキュアなリモート・アクセス環境を提供
  • ファイアーウォール越えのインターネット・アクセス(フルカラーで256kbps程度)であっても、インバンド(RDP、VNC、Telnet、SSH)および、アウト・オブ・バンド(KVM over IP、シリアル、電源コントロール)コントロールを実現
  • IT管理者の権限を細かに設定することにより、接続の許可を得たデバイスにのみ、IPアドレス等の情報が無くてもUIからアクセス可能

IP-KVM製品との連携

  • SHieldWARE NEとサードベンダーのIP-KVM装置と組み合わせることで、リモートKVM操作の証跡を取得可能
  • サーバにエージェントを導入することなく、コンソール画面の操作証跡が取得可能
IP-KVM製品との連携
拡大表示図を拡大表示 (33 KB)

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   特長   |   導入事例   |   仕様・諸元   |   FAQ   |   標準価格   |   パンフレット・資料

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ

お知らせ

富士通SSLについて

その他