GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. 特長

A10社製品 Thunder ADC/CFW
特長

Thunder ADC/CFWの3つの特長

  1. セキュリティの拡張性
  2. 高い運用性
  3. 低コスト

セキュリティの拡張性

Thunder ADC/CFWは、多様なパフォーマンスで「アプリケーションの高速化」に加え「システムの可用性の向上」「セキュリティの強化」を実現します。

Thunder ADCの多様なパフォーマンス
拡大表示図を拡大表示 (39 KB)
「Thunder ADC/CFW」1台で青字の機能すべてを網羅します。

アプリケーションの高速化

サーバの負荷分散(ロードバランシング)に加え、負荷の高いSSL処理からの解放(SSLアクセラレーション)や適切なサイトへのユーザーの振り分け(グローバルサーバーロードバランシング(GSLB))によりアプリケーションを高速化します。

システムの可用性の向上

ロードバランシンググローバルサーバロードバランシング(GSLB)、障害検知によって可用性を最大化します。万が一の障害や災害のときも、ユーザーに意識させることなくサイトを切り替えます。

セキュリティの強化

DDoS防御機能WAF機能SSLインサイトなどにより、DDoS攻撃をはじめとする様々な攻撃の防御のほか、SSL通信内容の監視やアプリケーションアクセス管理、情報漏えいの防止を行います。


高い運用性

機器の統合

Application Delivery Partition(ADP)により、従来は組織やサービスごとに用意していたアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)を1台に統合することが可能なため、運用負担を軽減します。
統合したそれぞれのADCは別々の組織で管理することも可能です。

ADCの統合

運用の自動化

aXAPIを使用することで、インターフェースの共通化や作業の自動化が可能です。aXAPIは個人端末からも操作が可能なため、専用端末も不要になります。

運用の自動化

日本語GUI

直観的に操作しやすい日本語のGUI画面を採用しています。利用者の権限レベルによって機器の設定変更やデータ閲覧などの作業に制限をかけることも可能です。

日本語GUI画面

低コスト

Thunder ADC/CFWはさまざまな機能を一台に統合しているため、単機能のデバイスを複数導入するよりも低コストで活用できます。

製品パンフレットのダウンロードが可能です

パンフレットのダウンロード矢印

パンフレットのダウンロード

トップページ   |   特長   |   機能   |   仕様・諸元   |   標準価格   |   パンフレット・資料

A10 Networks、A10ロゴ、A10 Thunder、ACOS、aFleX、aXAPI、SSL Insight、Thunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

お問い合わせ

分からない

製品・サービスに関するご質問やご相談などを承っております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

GTM-MF9BHZ