Windows Server 2008サポート終了で困ること

Windows Server 2008(R2を含む)は、2020年1月14日にサポートが終了します。
サポート終了後はセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなるため、ぜい弱性が発見された場合に対策することができません。
サーバのぜい弱性を残したまま運用を続けるとサーバへの不正侵入、情報漏えいといったセキュリティリスクが高い状態となります。

Windows Server 2008 サポート終了対策

【こんなお客様におススメ】
  • Windows Server 2008が複数現存し、一括で対処したい
  • サーバに手を入れたくない
  • 保護対象となるサーバ群の前面に設置することで、新規パッチが適用できないレガシーOSやアプリケーションのぜい弱性を突く攻撃から保護
  • 多種類のOSやアプリケーションのぜい弱性にも対応しているため、Windows Server 2008以外の機器も同時にセキュリティ強化が可能


参考価格:200万円~/1台

【こんなお客様におススメ】
  • 拠点数が多く、ネットワーク機器での対処が困難
  • 短期間の延長利用のため、費用を抑えたい
  • ぜい弱性を利用しマルウェアが侵入してもホワイトリスト機能で実行を阻止
  • ホワイトリストに登録したプログラムは改竄防止機能により保護
  • スタンドアロン型で動作できるため、1台からでも対策が可能


参考価格:13万円/1ライセンス

McAfee Application Control

ホワイトリスト型のセキュリティ対策なので、サーバのサポート終了後でも安心です。

McAfee Application Control は、ホワイトリストに登録されていない実行ファイルをブロックすることで堅牢なマルウェア対策を実現するソフトウェアです。
Windows Server 2008/R2のような新たに更新プログラムが作成されないレガシーOSに対しても、ぜい弱性を狙ったマルウェアは未登録プログラムと判断され、実行をブロックします。

「McAfee Application Control」4つの特長

  1. 簡単なホワイトリスト作成
    現在ローカルハードディスク上に存在するファイルをスキャンしてホワイトリストを作成します。
    運用中に新たに作成されたファイルは、ホワイトリストに登録されるまで実行できません。
    (注)ダイナミックホワイトリスティング機能を除きます。
    ホワイトリストに登録されるファイル実行形式のモジュールバイナリ(exe, dll, sys)、スクリプト(vbs, bat, cmd, perl, python)、ドライバー、カーネル、ファイル名、パス名、ハッシュ値など
  2. 観察モードで、安全にホワイトリストを作成
    観察モードでは、登録されているホワイトリストについて、事前に内容検証とテスト運用ができます。
    正常に運用できることを確認後、観察モードを終了し、ホワイトリストを固定化します。
  3. ダイナミックホワイトリスティング機能で運用効率化
    更新プログラムや正規のディレクトリ、各種証明書もホワイトリストとして管理することで、各種更新作業をしながらホワイトリストが動的に更新されます。
  4. 選べる導入方法
    スタンドアロン型[こんなお客様におススメ]
    • 比較的短期間で導入したい
    • 守りたい対象台数が少ない
    • ネットワークなどの問題で集中管理ができない
    管理サーバ(ePO)型[こんなお客様におススメ]
    • 点在するホワイトリストを集中管理したい

パンフレット・資料

パンフレット・資料名
 「Windows Server 2008のサポート終了に備えて」一枚提案書 

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。


ページの先頭へ