McAfee Web Gateway

McAfee Web Gatewayは、Webトラフィックに対するセキュリティ対策製品です。シグネチャレスの意図解析によるマルウェア検出に加え、暗号通信の復号化や証明書検証の機能が統合されているため、暗号化されたWebトラフィックに対しても総合的な分析を行うことが可能です。

導入イメージ

社内端末からインターネットへのWebアクセスに対してのセキュリティ機能を提供。


特長

Webトラフィックに対する検知とハイブリッド環境に対応したWeb通信の保護。

すべてのデバイス/ユーザー/場所で、安全なインターネット接続を提供

ゼロデイ マルウェアの検出

標準で3つのマルウェア解析エンジンを搭載し、振る舞い、コード解析などの技術で高い検知率を実現。サンドボックス連携により更に高い検知率を実装可能



Webサービス / サイトの識別とリスク評価

2,000種類を超えるクラウド サービスを識別し、リスクレベルを設定。リスクの高いサービスの利用を防止するなど細かなポリシー設定が可能。CASB対応予定。SSL復号化機能搭載。



Webの接続がどこからでも保護可能

オンプレMWGとクラウドWGCSが設定の完全同期を行い、同一ポリシーでの保護が可能。MCPエージェントをクライアントにインストールすると、社内にいるときはオンプレMWGに、社外にいるときはクラウドWGCSに自動切り替えが可能。


製品ラインナップ

ハードウェア アプライアンスWG-4500-DWG-5000-DWG-5500-D
スループット727 Mbps1522 Mbps4688 Mbps

パンフレット・資料

一枚提案書

McAfee Web Gateway/McAfee Web Gatewa Cloud Service一枚提案書
※仮想アプライアンスについてはお問い合わせください。

オンプレミス仕様・諸元

ハードウェア仕様シートをご参照ください。






ページの先頭へ