近年、働き方改革や事業継続性の推進による "リモートワーク" が拡大しており、拠点や事務所に縛られないインターネット環境が必要になっています。
また、業務アプリケーションや社内サーバーといったインフラ環境が徐々にクラウドへシフトしているなど、どこでも利用できるクラウドサービスの利用が進んでいますが、クリアすべき課題は山積みです。


リモートワーク検討時の課題

「McAfee MVISION Unified Cloud Edge」は、"クラウド時代" に適合した「クラウドネットワークセキュリティ」ソリューションです。本ソリューションを導入することでクラウドサービス利用、Web閲覧などのさまざまなシーンにおいて、利用者のアクセスポイントを問わずセキュリティを確保することができます。

導入イメージ

"McAfee Client Proxy(MCP)" と呼ばれる接続用エージェントを端末へインストールします。クラウドアプリケーション制御機能を利用する場合は、保護対象のSaaSと "API連携設定" を行います。

(注)MCPをインストールせず、ブラウザのProxy設定をUCEに指定して利用することも可能です。

機能

製品ラインナップと機能

URLフィルタリング

ホワイトリスト/ブラックリストによるフィルタリングを行います。

Webフィルタリング

Webコンテンツのアクセスコントロールを実現するWebポリシーを活用し、企業・組織に応じて、容易なポリシー適用が可能です。

アンチマルウェア

McAfee独自のGateway Anti-Malware(GAM)機能により、ゼロデイ攻撃の検知率を大幅に向上します。

レポーティング機能

企業・組織の利用状況をわかりやすく可視化します。ポリシーブロック数、ユーザー利用の多いサイト等の特定が容易に可能です。

SSL復号機能

暗号化されているトラフィックに隠された脅威を可視化するSSLスキャンを搭載してます。

シャドーIT可視化機能

企業内で利用されているクラウドサービスを可視化する機能です。マカフィー独自の調査により、クラウドサービスを評価し、高リスクのサービスを特定することが可能です。

  1. シャドーIT可視化機能
    企業内で利用されているクラウドサービスを可視化する機能です。
  2. クラウドサービス評価
    マカフィー独自の調査により、クラウドサービスを評価し、高リスクのサービスを特定することが可能です。
    サービス内容、リスクスコア、サービスの長所/短所を把握し、各サービスの安全性を確認することが可能です。
  3. クラウドアプリケーション制御機能-モニタリング機能
    SaaSの利用状況をグラフィカルに可視化し、ポリシー違反も早期に発見できます。

DLP機能

機密情報を早期に発見します。さらに、自動隔離機能により、検知したファイルを自動で隔離し、情報漏えい対策を行うことが可能です。

クラウドアプリケーション制御

SaaS利用の監視・制限することが可能です。本機能では大きく分類し、DLP、脅威防御、モニタリング、といった3つの機能を提供しています。

参考価格

利用ユーザー数1ユーザーあたりの単価(年額)
UCEB
UCE – Base
UCEA
UCE – Advanced
5-2509,477円21,021円
251-1,0008,460円18,449円
1,001-2,0007,692円16,648円
2,001-5,0007,189円15,485円
5,001-10,0006,782円14,554円
10,001-+6,584円14,117円

(注)上記金額は、メーカー標準金額です。
(注)上記金額は2021年1月時点の金額です。メーカー都合により金額は変更される可能性があります。


パンフレット・資料

パンフレット・資料名

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。
ページの先頭へ