概要と特長

近年、電子メールサービスやクラウドストレージ、社内システムのパブリッククラウド移行など、さまざまなクラウドサービスの利用が急速に進み、ビジネススピードや利便性が向上しています。
一方、不適切なクラウドサービス利用や内部不正、設定不備によって、情報漏えい、システム乗っ取りといったリスクが顕在化しています。

不明確な利用状況
  • 業務データを会社に無許可で個人向けクラウドストレージへアップロード
  • 個人向けSNSをビジネス利用
  • 私用デバイスにファイルをダウンロード

機密データの流出のリスク
  • 適切なアクセス権付与を忘れ、全世界からアクセス可能になり、保存したデータが
    漏えい
  • 内部犯行により公開情情報と偽装した機密情報を共有して他社情報漏えい


「McAfee MVISION Cloud」は、クラウドサービス利用時のセキュリティ対策を提供するCASB(Cloud Access Security Broker)製品です。
従業員が利用しているクラウドサービスの状況を可視化して、リスク分析を行います。また、ポリシー制御により、利用者のアクセス制御や機密データの保護も実現します。
本製品は、ネットワーク設定の変更やエージェントのインストールが不要なので、簡単に導入できます。

McAfee MVISION Cloudでできること

ルールに則った適切なクラウドの利用(シャドーIT 統制)

MVISION Cloud for Shadow ITを活用することで、シャドーITを統制します。

  • ファイアーウォール/プロキシのログを取り込み、クラウドサービスの利用状況を全て可視化
  • McAfee独自の調査により、サービス内容、リスクスコア、サービスの長所/短所を把握し、クラウドサービスを評価
  • 企業ルールに則った適切なクラウド利用の管理/制御を実現

認可クラウドの安全な利用(SaaS利用の監視・制限)

MVISION Cloud for Sanctioned ITを活用することで、SaaS利用を監視・制限します。

  • APIとの連携により、利用状況を把握。ポリシー違反も早期発見
  • DLP機能により、機密情報を早期に発見。発見後、ファイルを自動隔離
  • ふるまい分析機能により、脅威と思われる行動を常に監視

安全なクラウドの提供(IaaS環境監査と強化)

MVISION Cloud for IaaSを活用することで、IaaS環境を監査・強化します。

参考価格 (※下記は一例です。詳細については、お問い合わせください。)

製品名ライセンス単価サービス内容
MVISION Cloud for Shadow IT4,995円/1lic/年Shadow IT
クラウドサービスの利用状況を可視化します。
利用者数(ユーザー)単位で必要です。
MVISION Cloud for Microsoft Office O365 Mail / SharePoint and OneDrive5,394円/1lic/年Sanctioned IT(O365)
データ漏えい防止やデータ共有に関するポリシーの実装や危険なアカウントの行動を検出、ユーザー操作の監査証跡の閲覧やアクセスコントロールが可能。
※Sanctioned ITは、ご利用のクラウドサービスごとに ライセンスの選択が必要。
  O365向け以外のライセンスについては,お問い合わせください。
MVISION Cloud for Azure1,498,500円/1lic/年Sanctioned IT (IaaS)
IaaSにおけるアカウント監視やセキュリティ監査を行います。
Azureサブスクリプション単位で必要です。

パンフレット・資料

パンフレット・資料名

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。
ページの先頭へ