「つくる」から「つなぐ」で企業の情報活用を強力に支援
「DataSpider Servista」は、業務目的やアプリケーションによって異なるフオーマットのデータが存在する異種混合のシステム環境で、マルチな連携を容易に実現し、データ連携を含むアプケーションの効率よい運用を目的につくられた統合プラットフォームです。「DataSpider Servista」は、日経BPコンサルティングが実施しているデータ連携に関するアンケート調査にて、2014年より4年連続で顧客総合満足度1位を獲得しています。

総合顧客満足度1位

DataSpider Servistaが実現すること


データ連携HUB

対応している連携先は50種類以上 。異なるフォーマットとの連携も柔軟に対応。


クラウド連携

クラウドサービス利用開始時のデータ移行や、業務利用時でのリアルタイム連携、クラウド同士の連携を実現。


IoT連携

IoTを構成するデバイスやクラウド、アプリケーションを簡単かつ迅速に連携。


DataSpider Servistaが選ばれる理由

データ連携ツールの必要性


社会の情報化により様々な分野・業種でビジネスのシステム化が進んだ昨今では、ビジネスの活性化や効率化、迅速化のためには組織全体でのデータ活用が不可欠となっています。しかしながら急速なデジタル化だったため、業務ごとに独立したシステムを構築していることも多く、データの重複やフォーマットの違いから組織全体でデータを活用するのがするのが難しいケースが少なくありません。そういった課題を解決し、ビジネスを優位に進めるためには、システムのデータ一元的に「収集」「統合」「活用」するデータ連携の仕組みが必要になります。




DataSpider Servistaの利点


幅広いデータ連携

50種類以上の連携先に対応。異なるフォーマットとの連携も柔軟に対応




簡単な操作性

GUIを用いたプログラミング不要な開発環境。データ変換後、クレンジングもアイコンベースで開発可能。

運用しやすい仕組み

連携処理の自動化が可能。更にログ管理など運用ツールも提供。



富士通SSLの強み

当社は、長年の実績と豊富なノウハウをいかしDataSpider Servistaを提供しています。

豊富な実績とノウハウ

  • DataSpider Servistaの初版であるV.1.0リリース時から15年以上の取扱い実績
  • 豊富な導入実績

    利用者権限管理

    データ連携基盤の導入

    顧客情報DWHの導入

    ワークフロー生成帳票の連携

    注文情報の自動連携



充実したサポート体制

  • スタートアップサービス
    お客様での実装・構築・運用がスムーズに進められるように、データ連携基盤導入のお手伝いをいたします。
  • 電話対応可能な相談窓口

パンフレット

パンフレット・資料名
 DataSpider Servista パンフレット  

Get Adobe Reader上記のファイルはPDF形式で作成されており、ご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。
ページの先頭へ