社長挨拶

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、長年培ってきたお客様との信頼関係と技術力をベースに、SI (システムインテグレーション)事業とソリューション事業の両輪で、お客様の多様なご要望にお応えしてまいりました。


 今、DXの時代を迎えていますが、この新しい時代においても当社は、信頼と技術でお客様に応え続けることを目指してまいります。
 DXの時代には、「お客様の要件を引き出す力」、「その解決策を導き出すデータマネジメント力」、「それをカタチにするアジャイル開発力」、「これらを支えるデジタルプラットフォーム構築力」、「そして安心を提供するセキュリティスキル」など、今までとは異なる新しいスキルが求められます。私たちは、いち早くこれらのスキルを身に付けてきており、DXエンジニア集団として、お客様の新たなビジネスの創出や更なる価値向上をご支援してまいります。


 富士通グループのパーパスは、イノベーションによって社会に信頼をもたらし、世界をより持続可能にしていくことです。その中で当社は、企業理念を「お客様の役に立つ価値を提供し続け、お客様に選ばれ続ける会社」、「先進技術を活用し、社会に貢献する会社」、「働き甲斐があり、働く人が幸せな、楽しく夢のある会社」と定めています。私たちは、これからも、お客様のビジネス革新や社会の課題解決に取り組むことで、この理念の実現を目指してまいります。

2020年9月17日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
代表取締役社長  土肥 啓介


Fujitsu way
Fujitsu Way とは、社会における富士通グループの存在意義(パーパス)、大切にすべき価値観、および日々の活動において社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則(行動規範)の3つから構成されています。

新しいウィンドウで表示Fujitsu way 詳細