TOPICS
2019年7月30日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

当社社員が12年連続でMicrosoft MVPアワードを受賞

この度、当社社員の福岡寿和がマイクロソフト米国本社よりMicrosoft Most Valuable Professional(以下、Microsoft MVP)のWindows Development部門でアワードを受賞しましたので、お知らせいたします。


Microsoft MVPアワードは、マイクロソフトの製品やテクノロジーに関してオンライン、オフラインで顕著な活動をされている個人を表彰するプログラムです。
福岡は、今回の受賞により12年連続でのMicrosoft MVPアワードの受賞となります。

当社は、今回の受賞者をはじめ当社社員が持つ高度な技術と豊富な実績によって、ICTを活用したお客様のビジネス革新や社会の課題解決を支援してまいります。

受賞概要

受賞者ソリューション開発センターソリューション企画部 福岡 寿和
Microsoft MVPプロフィールページ
受賞分野Windows Development
主な活動・ HoloLens関連コミュニティにおける日本でのHoloLensマーケットの牽引
・ Windows 10 IoTを使ったインテリジェントエッジ関連の情報発信

ページの先頭へ