プレスリリース
2020年11月5日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ



社内ネットワークの脅威を可視化する「Vectra AI」を提供開始
~ Network Detection and Response(NDR)でセキュリティインシデントを早期解決 ~


 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:川崎市中原区、代表取締役社長:土肥 啓介)は、Vectra Japan株式会社(以下、Vectra社)のNetwork Detection and Response(以下、NDR)製品である「Vectra AI」を2020年11月5日に販売開始します。

 昨今、クラウドやSaaSを活用したリモートワークや、在宅勤務などの新たな就業形態が普及し、社内ネットワークの構成も変化しつつあります。しかしながら、クラウドやSaaSへの移行が難しい重要情報資産も多く存在し、依然として社内ネットワークに対するセキュリティ対策は重要な課題となっています。その状況下、近年の高度化したサイバー攻撃により、ファイアウォール、IPS、WAFなどの多重防御をすり抜け、社内ネットワーク内に侵入する事象(インシデント)が急増しています。インシデント対処に際しては、時間経過とともに対応工数や被害額が増加するため、新たなアプローチとして、侵入されることを前提としたインシデントの早期検出と、ネットワーク上での影響範囲を網羅的に可視化し、迅速な対処を実現するNDRソリューションが今注目されています。
 「Vectra AI」は対象ネットワークのトラフィックを採取・分析し、内部に侵入した脅威を、俯瞰的に可視化するアプライアンス型のNDRソリューションです。「Vectra AI」が膨大なアラート情報から、独自のAI検出技術により緊急度の高いインシデントを自動で絞り込み、シンプルで分かり易いダッシュボードに表示することで、インシデントを早期解決に導くことが可能です。また、社内ネットワーク上のPCや、データセンターのサーバー等へのエージェントは不要で、「Vectra AI」をネットワーク上に設置するだけで導入できます。
 当社は、当社セキュリティポートフォリオに「Vectra AI」を加えることで、新たな脅威への対応力を上げ、お客様のビジネス環境の安全・安心を支援していきます。



【 「Vectra AI」の特長 】
「Vectra AI」を用いる事で、セキュリティインシデントを早期に検出し、解決に導きます。
    1.独自のAI検出技術により、サイバー攻撃を早期に検出
  • 教師データを用いたAI学習(グローバルラーニング)と、教師データを用いないAI学習(ローカルラーニング)を用い、相関分析をおこなうことで、過検知を最小限にとどめ、精度の高い検知を実現。
  • 米国特許庁にて特許を取得した、「Vectra AI」独自のAI検出技術を搭載。

    2.ネットワーク全体を俯瞰し、緊急度の高いインシデントを自動で絞り込み、運用を効率化
  • 膨大なアラート情報の中から、発生している脅威の内容を分析し、「Vectra AI」が対処の優先順位付けを実施。

図1.「Vectra AI」ダッシュボード 脅威一覧


    3.ネインシデント(サイバー攻撃)の詳細を、直感的に表示することで、迅速な対処と復旧を支援
  • 異常が検出された機器への侵害状況を、分かり易く表示。
  • 時系列表示で、インシデント対処が漏れなく完了したかも一目瞭然。

図2.「Vectra AI」ダッシュボード 解析結果


    4.ネットワークゲートウェイへ「Vectra AI」を接続するだけで、ネットワーク上のIPデバイスを監視。
  • L3/L2スイッチのミラーリングポートに接続するだけで利用開始が可能。
  • エンドポイントへのエージェント導入は不要。

【 販売価格(税別)】  個別見積り(1,000万円から) ※詳細は、お問い合わせください。

【 販売開始日 】 2020年11月5日

【 販売目標 】  3年間で8億円

【 関連Webサイト 】
    ・NDRソリューション「Vectra AI」
         https://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/products/vectra/

【 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて 】URL:https://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/
 当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。 現在、それらの実績と先進技術をもとにソリューション群「PoweredSolution(パワード・ソリューション)」として、「DX Co-Creation」、「Customer Experience」、「Data Management」、「DX Platform」、「Security」の5つのカテゴリに体系化し、お客様の企業価値向上をご支援しています。 また、「オープンイノベーションHUB」として数多くの大学や先進企業と共創活動を行ってきた実績を活かし、お客様と共にイノベーションの創出に取り組んでいます。

【 商標について 】
 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  採用・広報センター
TEL:044-739-1520 / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

製品・サービスお問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  商品お問合せ窓口


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ