プレスリリース
2020年5月11日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ



メール誤送信防止製品のテレワーク用追加ライセンスを無償提供
~ テレワーク環境のメール情報漏えい対策を支援 ~


 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:川崎市中原区小杉町、代表取締役社長:土肥 啓介)は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として急増するテレワーク環境においても、メール誤送信による情報漏えいを防ぎ、お客様が安心してメールを活用できるよう、メール誤送信防止製品「FUJITSU Security Solution SHieldMailChecker(シールドメールチェッカー) 誤送信防止」のテレワークPC用追加ライセンスを2020年5月11日から無償で提供します。
 同ライセンスは、既存ユーザーおよび新規ライセンス購入者を対象に提供し、2020年12月31日までご利用いただけます。

【 今回の無償提供の背景 】
 新型コロナウイルス感染症対策として要請されテレワークを導入する企業が急増するとともに、テレワーク環境におけるセキュリティ対策が課題となっています。メール誤送信による情報漏えい対策もその一つですが、社会情勢の変化の速さ、および費用面から着手できない企業も多く、セキュリティリスクによる不安を抱えています。
そのようななか、当社のメール誤送信防止製品ご利用中のお客様から、新たに用意したテレワーク用PCでメール誤送信が発生しないか不安に感じている、といった声をお聞きしています。
 そこで当社は、お客様の不安を払拭するため、「SHieldMailChecker 誤送信防止」のテレワークPC用追加ライセンスを期間限定で無償提供することとしました。
 テレワーク用PCにも同製品を導入することで、働く場所を問わず統一された企業のセキュリティポリシーが適用され、ビジネスシーンにおいて安心安全なメールの活用が可能となります。



【 テレワークPC用追加ライセンス無償提供の対象と適用PC 】
対象適用PC
既存ユーザー導入済みPCとは別に用意したテレワーク用PC
新規ライセンス購入者購入ライセンス導入予定PCとは別に用意したテレワーク用PC
  • テレワーク用PC例:会社支給のテレワーク用PC、テレワークに使用する個人PCなど
  • テレワークPC用追加ライセンスは、購入ライセンス数に関係なくご利用いただけます。
  • 無償期間は2020年12月31日までとなります。継続してご利用の場合は、ご購入いただく必要がございます。


【 「SHieldMailChecker 誤送信防止」の概要 】
 「SHieldMailChecker 誤送信防止」は、パソコンにインストールするだけで、メールを送信する前に誤送信リスクを検出し、送信を止めることができる法人のお客様向けメール誤送信防止製品です。組織のセキュリティポリシーに基づき送信メールをチェックして、宛先の誤りやルール違反を警告します。
 2009年の販売開始以降、官公庁や大手サービス業、製造業など様々な業界で100万ライセンス以上利用されており、お客様のご要望に合わせた機能強化を継続的に行い、高い評価をいただいています。


<特長>
  • 既存サーバ環境のまま、短期間で簡単に導入可能
  • 共通ポリシーにより、効率的にセキュリティレベルを統制
  • 「自動学習ホワイトリスト」(注1)により、過剰な警告を抑止し、宛先確認のマンネリ化を防止(特許登録済)


【 テレワークPC用追加ライセンス 提供開始日 】 2020年5月11日



【 関連Webサイト 】
「FUJITSU Security Solution SHieldMailChecker 誤送信防止」
https://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/products/network/security/network-security/data-leakage-prevention/shieldmail/



【 注釈 】
(注1)「自動学習ホワイトリスト」
 ユーザー自身や管理者などが信頼できると判断したメールアドレスや電話番号などの一覧表のこと。
 メール送信行動の統計的分析から、ホワイトリストを自動更新し、直近に送信許可した宛先をチェック対象外にするなど、過剰な警告を抑止することで慣れによるチェックの実効性低下を防止します。



【株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリについて】URL:https://www.fujitsu.com/jp/group/ssl/
 当社は富士通グループの一員として、ソフトウェア開発/システム構築を中心に事業を展開してきました。現在、それらの実績と先進技術をもとにソリューション群「PoweredSolution(パワード・ソリューション)」として、「DX Co-Creation」、「Customer Experience」、「Data Management」、「DX Platform」、「Security」の5つのカテゴリに体系化し、お客様の企業価値向上をご支援しています。また、「オープンイノベーションHUB」として数多くの大学や先進企業と共創活動を行ってきた実績を活かし、お客様と共にイノベーションの創出に取り組んでいます。



【 商標について 】
 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。




以 上

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  採用・広報センター
TEL:044-739-1520 / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

製品・サービスお問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  商品お問合せ窓口


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ