プレスリリース
2019年1月21日
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
株式会社富士通九州システムズ



デバイス/クラウドセキュリティMcAfee「MVISION」を販売開始

~ 富士通SSLとFJQSが連携し、エンドポイントおよびクラウドのセキュリティを一元管理 ~


 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:土肥 啓介、以下:富士通SSL)と株式会社富士通九州システムズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:石井 雄一郎、以下:FJQS)は、「MVISION」(McAfee Multi Vendor InSights & Intelligence Open Environment)を2019年1月21日に販売開始します。「MVISION」は、Windowsデバイスを守る「Endpoint」とiOS/Androidを守る「Mobile」、この2つを一元管理する統合管理サーバ「ePO」(ePolicy Orchestrator)、および、CASB(Cloud Access Security Broker)(注1)でクラウド利用を一元管理する「Cloud」の4つで構成されるセキュリティソリューションです。
 富士通SSLは、「Endpoint」、「Mobile」、「ePO」を、FJQSは「Cloud」を取り扱い、各社の得意分野とノウハウを活かし、お客様のご要件に合わせて共同で「MVISION」を提供します。両社は長年に渡り、強力なビジネスパートナーとして連携しており、セキュリティ診断や監視サービス等において数多くのお客様のセキュリティ強化を共に実現し、安心・安全をご支援しています。

 企業では、働き方改革によるワークスタイルの多様化に伴い、今後BYOD(Bring Your Own Device)(注2)の導入がさらに加速すると予測されています。BYODの導入により、社員はノートパソコンやスマートフォン、タブレット、スマートウォッチなどのデバイスを利用シーンに合わせ柔軟に選択できるようになり、利便性が向上します。一方、企業では複雑化するデバイスの管理やクラウド利用へのセキュリティリスク対策とその運用コストが課題となっています。



 「MVISION」は、「ePO」、「Endpoint」、「Mobile」でエンドポイントセキュリティを、「Cloud」でクラウド環境のセキュリティを包括的に管理するソリューションです。エンドポイントセキュリティについては、従来複数のコンソールで管理していたセキュリティ製品やアプリケーションを「ePO」で一元管理することで、効率的に安全なエンドポイント環境を実現します。Windows Defenderなどのサードパーティにも対応し、SaaS型コンソールのため、既存環境から容易に移行でき、短期導入が可能です。クラウドセキュリティについては、社内で利用されている全てのクラウドサービス(SaaS、IaaS、PaaS)の利用状況を可視化し、管理することで、リスクを低減することができます。また、アクティビティ監視やアノマリ検知、データ損失防止(DLP)や共有制限などの機能を備えており、さらなるセキュリティ強化が可能です。


 富士通SSLとFJQSは「MVISION」の提供により、あらゆるワークスタイルにおけるデバイス/クラウド利用の安心安全を実現し、企業の働き方改革をセキュリティの面から支援してまいります。また今後、「マネージド・セキュリティサービス(MSS)」で、セキュリティプロフェッショナルによる「MVISION」の運用代行サービスも予定しています。




【 「MVISION」の特長 】
  1. 「MVISION ePO」で効率的なデバイス管理を実現
    SaaS型の統合管理サーバ「MVISION ePO」で、「MVISION Endpoint」、「MVISION Mobile」を一元管理します。McAfee製品をはじめWindows Defenderなどサードパーティのアプリケーションを含むエンドポイントのセキュリティ環境を単一コンソールで可視化し、リスク管理を行うことができます。SaaS型のため維持管理やサイジングが不要で、インフラコストも削減可能です。
  2. 「MVISION Endpoint」でWindowsデバイスの強固なセキュリティを実現
    従来のMcAfee Endpoint SecurityとWindows Defenderの組み合わせにより、Windows 10独自のセキュリティ機能を強化します。McAfee Endpoint Securityの機械学習機能、認証情報の窃盗監視機能、ロールバック機能で高度なファイルレスマルウェアの脅威も阻止し、強固なセキュリティを実現します。
  3. 「MVISION Mobile」でiOSとAndroidの保護を実現
    ユーザーの操作性を損なわずにiOS/Androidデバイスをリアルタイムに保護します。公共のアクセスポイント、モバイル通信など、ネットワーク接続方法に関係なく、常にモバイルデバイスを保護します。BYODのモバイルデバイスに対しても、プライバシーを侵害することなく常時安全な環境を保つことができます。
    富士通SSLは働き方改革を強力に推進しており、今般「MVISION Mobile」の社内実践をスタートし、順次導入を拡大していく予定です。
  4. 「MVISION Cloud」でクラウドデータの保護も実現
    全てのクラウドデータ、コンテキスト、ユーザーの動作を可視化し、クラウドと送受信される機密情報を保護します。クラウドサービス内のポリシー違反やセキュリティ脅威をリアルタイムで検出し、アクションを実行することで、常に安全なクラウド利用を実現します。なお「MVISION Cloud」は、分析やコンサルティング、運用をサポートする「クラウド利用監視サービス」として提供します。


【 参考価格(税別) 】 ※1,500ユーザーの場合
メニューユーザーライセンス年間総額内  容
MVISION Standard (MV1)3,982円/年5,973,000円/年ePO(SaaS)+Endpoint
MVISION Plus (MV2)8,124円/年12,186,000円/年ePO(SaaS、AWS、On-Premises)
+Endpoint +Mobile
※「MVISION Cloud」(「クラウド利用監視サービス」)についてはFJQSにお問い合わせください。


【 販売開始日 】 2019年1月21日


【 販売目標 】 3年で15億円


【 マカフィー株式会社様からのエンドースメント 】

 この度、クラウドシステムやセキュリティ運用における豊富な実績をお持ちの富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ様と富士通九州システムズ様より、「MVISION」が提供されることを心より歓迎いたします。働き方の多様化が進み、新たな課題が顕在化する中、「MVISION」の提供により、エンドポイントだけでなくクラウド上においても、企業が重要な情報資産を保護し、安心安全な環境でビジネスを推進できるようになるものと確信しております。マカフィーは今後も「デバイスからクラウドまでを保護するサイバーセキュリティ企業」として、お客様のセキュリティ対策の強化に貢献してまいります。


マカフィー株式会社
代表取締役社長 山野 修


【 関連Webサイト 】


【 注釈 】
  • (注1)
    CASB(Cloud Access Security Broker)
    複数のクラウドサービスに対してクラウドアクセスログ分析やセキュリティポリシーの適用、アクセスコントロールを実現する仕組み。
  • (注2)
    BYOD(Bring Your Own Device)
    業務に私物のスマートフォンやノートパソコンなどのデバイスを使用すること。


【 商標について 】
 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以 上

報道関係者お問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ  広報室
TEL:044-739-1520(直通) / E-mail:ssl-pro@cs.jp.fujitsu.com

製品/サービスお問い合わせ先

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ 商品お問合せ窓口
株式会社富士通九州システムズ  セキュリティソリューション担当


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ