沿革

1972年

7月株式会社ソーシアルサイエンスラボラトリ 設立(資本金5千万円)。主としてオペレーティングシステム開発。

1975年

12月富士通株式会社が資本参加

1976年

 日本電信電話公社(現NTT)殿向け「DIPS」開発業務へ進出

1979年

 ユーザアプリケーション開発業務へ進出

1982年

4月社名変更 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
5月資本金1億円に増資

1984年

7月資本金2億円に増資

1986年

7月資本金3億円に増資

1991年

3月名古屋システムセンター開設(現 東海事業所)
6月資本金4億5千万円に増資
12月大阪システムセンター開設(現 関西事業所)

1995年

7月本社 川崎市中原区 武蔵小杉タワープレイスに統合移転

1996年

7月ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得

1998年

7月東海事業所刈谷分室開設

2000年

3月ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
11月ソリューション商品体系『Powered Solution(パワード・ソリューション)』発表

2003年

3月BS7799およびISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得

2005年

11月株式会社SSLパワードサービス設立

2006年

3月ISO27001認証取得(移行)

2008年

2月プライバシーマーク取得
3月IMS(統合マネジメントシステム)認証取得

2009年

1月empty情報セキュリティ格付け第一号として「Ais」(シングルAフラット)の格付け付与

2011年

6月emptyRubyアソシエーション認定システムインテグレータGold認定取得

2013年

4月新商品創出に向け、産学連携を拡大

2014年

2月本社に共創の部屋「SSL Innovation Lab.」開設
11月「キャリア支援企業表彰2014」厚生労働大臣表彰

2016年

1月女性活躍推進法に基づく行動計画「SSL Diversity WAY」制定
4月本社に、お客様との共創の場「みらいDOORS」開設

2017年

7月障がい者雇用の促進に向けた子会社「株式会社富士通SSLハーモニー」を設立
優良な子育てサポート企業として「プラチナくるみん」を取得

2018年

2月「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定
4月「第10回 ワークライフバランス大賞」優秀賞を受賞
ページの先頭へ