GTM-MML4VXJ
Skip to main content

滋賀富士通ソフトウェア

Japan

沿革

株式会社滋賀富士通ソフトウェアの創業期から現在までをご紹介します。

1984年

5月

  • 富士通株式会社と滋賀銀行グループの共同出資により、滋賀県大津市に設立
    本社:滋賀県大津市打出浜
    代表取締役社長 飛田 良 就任
    主業務は金融関連システムの開発・サポート

1985年

2月

  • 本社事務所を、大津市「朝日生命大津ビル」へ移転

1987年

12月

  • 初めて自治体システムに参画(滋賀県庁様)
  • 病院向けシステム開発開始

1988年

2月

  • 滋賀銀行様「第三次オンラインシステム」稼動

4月

  • 「浜大津分室」を開設
  • 大津市様システムサポート開始

1990年

7月

  • 「大津駅前分室」「彦根分室」を開設
  • 金融機関向けバッチ運用管理システム「BJSTⅡ」を発表
  • 金融機関向け人事給与パッケージ「HITKOT」を発表

1991年

6月

  • 滋賀銀行様「営業店支援オンラインシステム」稼働

1994年

6月

  • 代表取締役社長 山口 勝久 就任
  • 創立10周年記念式典を開催

7月

  • 本社事務所を、大津市「明治生命大津ビル」(現 明治安田生命大津ビル)に移転するとともに、分散していた事務所(「浜大津分室」「大津駅前分室」「彦根分室」)を集約。
  • ビジネスの柱を次の通りとし、強化・確立を図る
    1.金融システム(勘定系、情報系、対外系、営業店システム等)
    2.地域サポート(自治体、JA、医療、文教、製造、流通の各業種)
    3.パッケージビジネス(企画・開発・販売・導入)

1999年

1月

  • 滋賀銀行様「新勘定系システム」稼働

8月

  • 品質マネジメントシステム(ISO9001 1994年版)認証取得。
    (その後、2000年10月適用範囲拡大、2002年3月 ISO9001 2000年版取得)

2000年

7月

  • 「駅伝集計システム」を発表

2001年

6月

  • 代表取締役社長 横木 英明 就任

10月

  • 「浜大津オフィス」(大津市 朝日生命大津ビル)を開設

12月

  • 「彦根出張所」を開設

2003年

3月

  • マイクロソフト社様と協業し、人事給与パッケージ「HITKOT for .NET」を発表

4月

  • 放射線・画像システムサポート開始

9月

  • 次世代勘定系システム「PROBANK」稼働

12月

  • 環境マネジメントシステム(ISO14001)認証取得
  • VBマイグレーションサービス「CoolCat」を発表

2004年

7月

  • 創立20周年記念式典を開催

2005年

7月

  • 「ビジネス・パートナー様向け事業計画説明会」開始

2006年

3月

  • 大津市志賀町合併プロジェクト稼働

6月

  • 代表取締役社長 工藤 義一 就任
  • ヘルスケアビジネス分野で、外部調達サポートビジネス、外購品マネジメント支援ビジネスを立ち上げ

2007年

8月

  • 米国富士通コンサルティングとCoolCatパートナー契約を締結

2008年

1月

  • 滋賀銀行様「新基幹系システム」稼働

6月

  • 代表取締役社長 佐藤 由樹 就任
  • 「HOPE/EGMAIN-GX部門連携ライブラリ」を発表

2010年

2月

  • HITKOTビジネスにて、中国オフショア開発を開始

3月

  • 株式会社キューテックアイ(本社:福井)に出資

9月

  • 「マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2010」にて、「エンタープライズ パートナーアワード」を受賞

2012年

3月

  • 「公金収納連携PRO」を発表

6月

  • 代表取締役社長 田村 雅靖 就任

2013年

3月

  • 大津市と環境保全協定締結

5月

  • 滋賀銀行様「新融資支援システム」稼働

9月

  • 「彦根出張所」を閉鎖

2014年

2月

  • 「相続事務手続支援システム」を発表

4月

  • 東京都中央区に「東京オフィス」を開設

6月

  • 創立30周年記念式典を開催

2018年

6月

  • 代表取締役社長 廣瀬 利彦 就任