GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

QSIP-Manager

「センサーネットワーク運用基盤(QSIP-Manager)」のご紹介

センサーネットワーク運用基盤(QSIP-Manager)とは?

『信頼性の高いIoTを実現する運用管理システム』
センサーの監視・管理を行うとともに、センサーネットワークの見える化によりIoTシステムの安定稼働と信頼性向上を実現します。またセンサーノード基盤と合せて、ワンストップかつスピーディなIoTシステムの提供を実現します。

QSIP-Manager適用事例

ソリューション適用事例

特徴

  • センサーノードの正常性の遠隔監視を実現
  • センサーノードへの遠隔制御を実現
  • センサーノードから収集した情報を蓄積し、グラフ等による見える化を実現
  • マップによる表示やメールでの異常通知により確実な状況把握を実現

※ 導入時や障害時に電波干渉を調査するための無線電波の見える化を開発検討中

主な機能

QSIP-Managerの主な機能

動作環境

クライアント環境

OS Windows7
Windows7 InternetExplorer11
ブラウザ インテル® Core™ i5[2.30GHz]以上、メモリ:4GB以上
InternetExplorer11 FlashPlayer

サーバ環境

OS RedHat Enterprise Linux 7.2
CPU/メモリ クロック数=2.30GHz以上、コア数=4コア以上、メモリ:8GB以上
ミドルウェア Apache 2.4.6 (RedHatに同梱)
PostgreSQL 9.2.17
jdk 1.8.0_92
php 5.4.16
HDD システム:150GB+蓄積データ:50GB以上(※管理数/蓄積期間に依存)