GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

野鳥音声認識ソフトウエア
「QSAS-Bird」(※1)のご紹介

※1. QSAS-Bird: QNET Sound Analysis System – Bird song analyzer

QSAS-Birdとは?

本製品は、AI技術により野鳥の鳴き声を認識するソフトウエアです。自然環境調査における調査員の負担を軽減すると共に、調査の効率化・高精度化を実現します。また、個別カスタマイズや本製品による音声解析サービスも提供可能です。

QSAS-Birdを活用した調査手法
QSAS-Birdを活用した調査手法

対象種

  • シマフクロウ(今後対象種を順次拡大予定)

導入実績

  • 絶滅危惧種の鳥類調査用にソフトウエアを活用
  • 環境調査業務向けに本ソフトウエアによる音声解析サービスを提供

特長

  • 録音音声を自動認識して野鳥の存在を確認することで、自然環境調査を効率化
  • 雑音抑圧とAI技術※2の活用により、高い認識性能を実現
  • スペクトログラム(声紋)表示と音声再生を最適化し、微弱な鳴き声も目と耳で確認可能

※2. 鳴き声の判定にはディープラーニングを活用したAI技術を適用しています(下図)

AIによる鳴き声判定のしくみ
AIによる鳴き声判定のしくみ

認識結果確認画面
認識結果確認画面

動作環境

  • クライアント環境
OS Microsoft Windows 7 SP1、Windows 8.1、Windows 10 (64bit版)
※32bit版OSには非対応
CPU インテル® Core™ i3以上(推奨)
メモリ 4GB以上
  • 対応する録音データ形式
ファイル形式 MP3形式及びWAV形式
※MP3形式時のビットレートは128kbps以上
サンプリング周波数 44.1kHz or 48kHz
量子化ビット 16bit
チャンネル数 1ch(モノラル)または 2ch(ステレオ)

トピックス

以上