GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

NXS5000遅延オプション

 オプションソフト |  NXS1400アップグレードオプション |  オートテストソフトウェア |  NXS5000遅延オプション |  マルチウィンドウ |


Next Streamユーティリティ5遅延機能Option#1

独立した2ポートフレーム遅延を行うことができるユーティリティソフトウェアです。最大 300msの固定遅延を挿入することができ、フレームロス、光シャットダウン、レイヤ1エラー挿入機能との組み合わせにより、ギガビットイーサネットのネットワークエミュレータとしてご利用いただけます。 オフサイトへのバックアップや遠隔地での二重化、リカバリ処理などを必要とするストレージ開発セクションで使用されるようなシステム/アプリケーションにおいて、運用前のネッ トワークエミュレート評価により、機能面/性能面/品質面がさらに充実します。 また、VoIPあるいはビデオストリーミングアプリケーション開発セクションでも同様にデータ遅延時における音声および画像の品質評価などネットワークエミュレータとしてご利用いただけます。


遅延機能仕様

  • 遅延時間:1~300ms(1msステップ)
  • 遅延方式:固定遅延
  • 遅延データ:Auto Negotiation やFrame(データ種別を問わず全て)のデータ

NXS5000Gアプリケーション例

ストレージ開発におけるシステム検証例

ストレージ開発におけるシステム検証(例)

VoIP/ビデオストリーミングアプリケーション開発におけるシステム検証例

VoIP/ビデオストリーミングアプリケーション開発におけるシステム検証(例)