GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

製品概要

 NXS5000シリーズのご紹介 |  製品概要 |  キャプチャ機能 |  仕様・カタログ |


特長・用途

特長

  • 今までできなかったレイヤ1の試験/性能測定が可能
  • 障害調査で威力を発揮するオートネゴシエーションデータを含む100%フルレートキャプチャを実現
  • プログラマブルな光シャットダウン機能や送信クロック周波数変動機能
  • フレームやコンフィグレーションデータを任意のパターンでロス可能
  • A4サイズ高さ約5cm、重さ1.9kg(ACアダプタ除く)という小型サイズを実現
  • 30W以下(DC16V)の低消費電力と小型FANによる低騒音を実現
  • フルワイヤの送受信機能
  • ユーティリティソフトウェアによるWindows-GUIのコンソール機能
  • 全画面における日本語表示やグラフ等を用いた統計値の実現
  • リモートコンソール(LAN)ポートを搭載し遠隔地制御を実現

用途

VoIPシステム、映像配信/監視システム、モバイル関連システム、IPストレージシステム等の開発セクション。

  • ネットワーク導入/保守セクション
    • 導入ネットワーク機器の評価(機能/性能)
    • 実運用ネットワークのトラフィックモニタ/フレームキャプチャ
  • 中継装置の開発セクション
    • レイヤ1問題解析
    • システム試験(実運用シミュレート試験)
    • 性能測定
  • 中継装置の製造/評価セクション
    • 量産試験(中継機能の正当性の確認)
    • 性能測定
    • エージング試験
  • ストレージ/VoIP/ビデオストリーミングアプリケーション開発セクション
    • システム試験(実運用シミュレート試験)
    • 性能測定
    • エージング試験

機能

基本機能

基本機能
規格 IEEE802.3/802.3i/802.3u/802.3z/802.3abのスタンダードに準拠
フレームキャプチャ
  • 100%フルレートキャプチャ可能。
  • データ翻訳機能(8B/10B表示,HEX表示,オートネゴシエーション・コンフィグ情報表示)により詳細な解析が可能。
  • フィルタリング機能(MACアドレス,SA,DA,フレーム長,エラーフィルタ)により必要な情報だけをキャプチャすることが可能。
  • トリガ機能(手動,時刻,イベント,フィルタ項目)により多彩なキャプチャ動作を設定可能。
  • 512MByte(片方路256MByte)のキャプチャメモリをご用意しました。
  • キャプチャ対象選択機能によりフレームデータ、オートネゴシエーションデータ、フレームとオートネゴシエーションデータを選択可能。
  • キャプチャメモリのフル状態にてキャプチャ動作の停止又はメモリ上書きの選択が可能。
  • キャプチャに使用するメモリサイズを予め指定可能。またキャプチャされたデータをフレームの先頭から指定のサイズにスライスして表示可能。
  • キャプチャしたデータにファイル名をつけてコンソールPCへ保存可能。
光シャットダウン
  • 手動シャットダウンと自動(プログラマブル)シャットダウンが選択可能。
  • 自動シャットダウンでは光シャットダウン時間、光シャットダウン間隔、光シャットダウン回数が設定可能。
  • 自動シャットダウンでは設定された試験を設定解除まで繰り返し可能。
レイヤ1エラー挿入
  • レイヤ1の符号則エラーであるRD(ランニングディスパリティ)エラーや未定義CODECエラーなど多彩なレイヤ1エラー挿入が可能。
  • レイヤ1エラー挿入方法として、1回挿入、挿入回数と挿入間隔を指定したバースト挿入、レート指定できる連続挿入などが選択可能。
受信クロック周波数測定 被試験装置の出力周波数を測定。
送信クロック周波数設定 125MHz±200ppmの範囲で出力を設定。
フレームロス
  • フィルタリング機能(MACアドレスSA,DA,フレーム長,エラーフィルタ)により条件に合うフレームだけロスさせる事が可能。
  • 周期ロス、ランダムロス、バーストロス、Gillbert-Elliotロスといった多彩なロス機能を用意。
フレーム遅延 各ポートMAX300msの固定遅延(1)挿入が可能。オートネゴシエーションデータやフレーム(データ種別を問わず)すべてのデータが遅延可能。
Next Streamユーティリティ
  • 画面表示はWindows-GUIによる、全画面における日本語表示。
  • 回線状態(RxLoss,Sync)をリアルタイム表示
  • 送信/受信のバイト数/フレーム数/ビット数をリアルタイムに表示
  • レイヤ2エラー(アンダーサイズ/オーバーサイズ/FCSエラー),レイヤ1エラー(RDエラー/CODEエラー)についてもリアルタイムに表示。
イーサコンソール コンソールとしてLANポートを用意しました。これにより、遠隔地に設置されたNXS装置をリモート制御可能。
Ethernetハンドブック アプリケーションソフト上に、NXSシリーズ共通の「Ethernetハンドブック」をヘルプメニューとしてご用意しています。
遅延:
サポート済みオプション

トピックス

1000BASE-T対応のお知らせ(2005年1月)
1000BASE-Tに対応しました。
  • 1000BASE-T GBIC(別売りオプション)を使用することにより、1000BASE-T回線インタフェースでの試験が可能となります。
  • IEEE802.3abに準拠
オプションソフト(Next Streamユーテリティ5遅延機能Option#1)(2003年9月リリース)
NextStreamユーティリティ5遅延機能Option#1
  • 2ポート独立したフレーム遅延を行うことができるようにするためのユーティリティソフトウェアです。最大300msの固定遅延を挿入する事ができ、フレームロス、光シャットダウン、レイヤ1エラー挿入機能との組み合わせにより、ネットワークエミュレータとしてご利用頂けます。 オフサイトへのバックアップや遠隔地での二重化、リカバリ処理などを必要とするストレージ開発セクションで使用されるようなシステム/アプリケーションにおける、運用前のネットワークエミュレ ート評価により、機能面/性能面/品質面が更に充実します。
オプションソフト(Next Streamマルチウィンドウ)
NextStreamマルチウィンドウ
  • 1台のパソコンから、最大8台までのNXS装置(NXS1400GF/NXS6000GF/NXS5000G/NXS7000F)を同時に操作出来るようにするためのユーティリティ支援ソフトウェアです。全ての装置に対しての送信/モニタ/テストの一括操作や、各ウィンドウの並べ替え等を行うことが可能です。装置・ネットワークに接続した複数のNXS装置を1台のパソコンを使って試験したい場合などに非常に便利です。

  前ページ      1     2     3       4      次ページ