GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

キャプチャ機能

 NXS5000シリーズのご紹介 |  製品概要 |  キャプチャ機能 |  仕様・カタログ |


さらに充実!キャプチャ表示機能

新キャプチャ表示画面

プリアンブル部表示

一覧でのByte数表示、詳細画面でのCode表示により、一層きめこまやかな解析が可能になりました。


フレームエラー表示

レイヤー1/レイヤー2のエラーをキャプチャ表示する事が可能になりました。
L2エラー(FCS/アンダーサイズ/オーバーサイズ)
L1エラー(RDエラー/Codeエラー)


種別/方向による表示色指定

キャプチャデータをより見やすくするために表示色を自由に選択できるようになりました。


オートネゴシエーション状態表示

一覧での情報(Restart/Ability/Complete)確認、およびコンフィグワード表示(hex)により、オートネゴシエーション状態がより分かりやすくなりました。


イリーガルフレームキャプチャ機能

パケット/オートネゴシエーション/アイドル以外のデータがキャプチャ可能になり、フレームデータエラーの調査に威力を発揮します。


キャプチャ表示時間短縮

オートネゴシエーションのような連続したデータをキャプチャする場合、よりスムーズな表示が可能になりました。

  前ページ      1       2     3     4      次ページ