GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

ユーティリティ

  NXS1200シリーズのご紹介 |  製品概要 |  機能 |  試験構成  |  ユーティリティ |  装置仕様  |


Next Stream Utility (NXS専用ソフトウェア)

  • 見やすい日本語表示のソフトウェア
    • Next Stream Utilityは日本語表示のNXS専用ソフトウェアです。
      Windows上で動作し、送信/受信設定、トラフィックモニタ(統計情報表示)、ログ保存、フレームキャプチャなどの機能を、操作性の良い画面で提供いたします。
  • 多彩な送信フレームを設定
    • 送信フレーム設定時、VLANタグや種々のIPヘッダ付加、UDPを用いたPNパターン送受信機能など、より実ネットワークに近い負荷試験の設定が可能です。
      フレームの登録数は最大62個。あらかじめ作成しておいたフレームをファイルから読み込む事で、いつでも同じ試験環境を再現できます。

運用データ作成

設定画面による簡易オペレーション

  • 『運用データ』設定画面で、設定ファイルの作成/変更/保存/読み込みなど、NXS装置の試験モードを容易に設定できます。
    『運用データ』はポート毎に設定でき、試験運用中でもダウンロードなどのファイル操作が可能です。
登録フレームモード画面
登録フレームモード画面

トラフィックモニタ

トラフィックをリアルタイムに表示

  • 過負荷試験中のトラフィックを『統計情報』形式で表示します。
    見やすい棒グラフ(LEDバー)、折れ線グラフ(最大4画面)などの表示により、フレーム数、バイト数、エラー/アラーム/コリジョンの有無、LINK状態などの情報をリアルタイムにモニタできます。(全ポート一斉表示)
可変UDPフレームモード画面
可変UDPフレームモード画面

フレームキャプチャ

キャプチャしたフレームの状態解析

  • キャプチャ機能により、最大4,095個の受信フレームを保存できます。
    キャプチャしたフレームは、Next Stream Utilityの『運用データ』に取り込み送信フレームとして出力することができます。また、フレームをキャプチャする際にIP/MACアドレスによる受信フィルタ機能を用いて、特定フレームのみを抽出し、解析も可能です。
トラフィックモニタ画面
トラフィックモニタ画面

ログ保存/再生

トラフィック・データを任意に保存、Next Stream Utiliyで再生

  • 運用中の統計情報のログ採取/保存が可能です。
    PCのディスク上に保存しますので、ログ容量は自由に増設ができます。保存したログファイルをNext Stream Utilityから読み込む事で、採取した運用状態の詳細を再現することができます。
キャプチャ画面
キャプチャ画面

  前ページ      1      2       3      4      5      6     次ページ