GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

機能

  NXS1200シリーズのご紹介 |  製品概要 |  機能 |  試験構成  |  ユーティリティ |  装置仕様  |


疑似ネットワーク機能

  • UDPテストパターンデータ送受信チェック機能(1)(注釈)
    • UDPを用いて種々のデータパターンをフルワイヤで送受信する機能を付加。より詳細な検証が可能となりました。
      1. PNパターン
      2. 固定パターン(4バイトデータ繰り返し)
      3. データインクリメント
  • 仮想端末機能(2)(注釈)
    • MACアドレス/IPアドレスをサイクリックに可変させる機能を付加。仮想的に複数端末のネットワーク動作を試験できます。
  • ランダムデータ長可変機能(3)(注釈)
    • フレームのデータ長を1フレーム毎にインクリメント/ランダムと変化させながら、最小~最大データ長で送信が可能です。上記仮想端末機能と合わせ、より実ネットワークに近いトラフィックを生成できます。
  • IPヘッダ設定機能(4)(注釈)
    • IPv4ヘッダ及び各種IPヘッダの生成・設定が可能です。
      1. IPv6ヘッダ/IPXヘッダの付加機能(エンハンス:時期未定)
      2. IPマルチキャスト機能(エンハンス:時期未定)
注釈 (1)(2)(3)(4):
NXS1200Fについては8ポートのうち任意の1ポートのみサポートしています

キャプチャ機能

  • フルワイヤ対応
  • キャプチャフレームの設定
    • フレームのキャプチャリングサイズを以下のように設定できます。
      1. 64~124バイトまで指定した場合→4095フレームまで可能
      2. 64~1020バイトまで指定した場合→ 511フレームまで可能
      3. 64~1522バイトまで指定した場合→255フレームまで可能
  • フィルタ機能
    • MACアドレス/IPアドレス/タイプ値等のフィルタを設定する事により特定フレームのキャプチャが可能です。

ネットワーク機能

  • ARPリプライ機能, Ping送信機能 , Pingリプライ機能
    • IPネットワーク上にてPingによる疎通確認が可能です。
      また、端末からのARP/Ping要求に対しても応答し、IP端末として動作させることができます。

その他機能

  • ファームウェアの更新機能
    • CD-ROMにNext Stream装置のファームウェアを添付しました。パソコンと装置を接続して更新することが可能です。
  • 自己診断(セルフチェック)機能

  前ページ      1      2       3      4      5      6     次ページ