Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

NXS5000 FAQ

 装置全般について |  設定について |


NXS5000装置のFAQは下記をご参照ください。

装置全般について

NXS5000G装置のポート数はいくつありますか?

  • GbEインターフェース2ポートを実装しています。

NXS5000G装置の"シリアルポート"は何に使用するのですか?

  • コンソールポートのIPアドレス初期化時に使用します。

NXS5000G装置の"コンソールポート"は何に使用するのですか?

  • 遠隔操作やリモート制御に使用します。
    既存ネットワークに接続して試験機を制御することや、クロスケーブルにてPCに直接接続し、制御することが可能です。

使用可能なパソコンのスペックやOSは?

  • NXS5000G装置を制御するPCに必要なスペックを以下に記します。
CPU100Mbps :PC/AT互換機 Pentium660MHz以上
メモリ :128MB以上
ハードディスク容量 : 10M以上(ログファイルを保存しない場合)
対応OS :Microsoft社日本語Windows Me/2000/XP
シリアルポート :115.2kbpsの転送レート
LANポート :10Mbps/100Mbps

ユーティリティソフトは、複数のPCへ同時にインストールすることはできますか?

  • はい、できます。
    但し、同時に起動できるのは、いずれか1台のPCだけです。ユーティリティ画面を終了すれば、直ちに他のPCから起動することができるようになります。

制御用ソフトウェアの入手方法や価格は?

  • 制御ソフトウェアNextStreamユーティリティ5は製品の付属品です。
    (標準添付しております。)

パケットがNXS5000Gを通過する際の、装置自体の遅延時間はどれくらいですか?

  • NXS5000G装置を通過する際、μsオーダですが処理遅延が発生いたします。装置遅延時間は、フレーム長により異なり、長くなるほど、装置遅延は増加します。以下に、代表的なものを記載します。
フレーム長 64 Byte ~ 1518 Byte ~ 18000 Byte以上
遅延時間 9.512 us ~ 21.144 us ~ 107.320 us (Max)
※18000byte以上は、オートネゴシエーションデータ等。

NXS5000G装置には、どういった用途がありますか?

  • キャプチャ機能:
    フレーム/オートネゴシエーションなどのデータをキャプチャすることにより、装置間の接続性の確認ができます。
  • テスト機能:
    光シャットダウン機能、レイヤ1エラー挿入機能、送信クロック周波数変動機能、フレームロス機能を用いて実ネットワークよりも厳しいネットワーク環境を構築し試験を行います。

 1     2      次ページ