Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

NXS1400 FAQ

 装置全般について |  設定について |  機能について |  試験について |


NXS1400装置のFAQは下記をご参照ください。

装置全般について

複数のNXS1400装置を1台のPCで制御したいが可能ですか?

  • オプションソフトウェアの「NextStreamマルチウインドウ」で制御可能です。本ソフトウェアを使用すれば、1台のパソコンで最大8台までのNXS1400装置をユーティリティで同時にコントロールすることができます

パソコンのUSBポートでNXS1400装置を制御できますか?

  • 弊社指定のUSBシリアル変換ケーブルを使用する事でNXS1400装置を制御できます。

同じLAN上にNXS1400G装置とNXS1400F装置がある場合、識別は可能ですか?

  • 装置のLANポートにIPアドレスを付与することで識別可能です。

試験ポート数は何ポートありますか?

  • NXS1400シリーズの試験ポートは次の通りです。
試験ポート数
装置名 試験ポート種別 ポート数
NXS1400G GbE 2
NXS1400F FE(10Base-T併用) 8

1000BASE-Tのインタフェースはサポートしていますか?

  • 現状、1000BASE-Tインタフェースはサポートしておりません。

NXS1400G装置のGBICモジュールのラインナップにLH、ZXはありますか?

  • 現状、ありません。SX、LXのみです。

手持ちのGBICを使用したいのですが、使えますか?

  • 当社提供(別売)のGBICオプションをお使いください。
    他のGBICを使用されますと、トラブルが発生した際に対応をお断りする場合があります。

NXS1400装置の"LANポート"とは何に使用するのですか?

  • 遠隔操作やリモート制御にて使用するポートです。 既存ネットワークに接続して試験機を制御することや、クロスケーブルにてPCに直接接続し制御することが可能です。

使用可能なパソコンのスペックやOSは?

  • 試験機を制御するPCに必要なスペックを以下に記します。
CPU : PC/AT互換機350MHz以上
メモリ : 128MB以上
HDD容量 : 10MB以上(ログファイルを保存しない場合)
モニタ : 解像度1024×768以上16bitカラー(65536)以上
ブラウザ : Internet Explorer4.0以上 (Comctl32.dllのバージョンが4.71以降)
対応OS : Microsoft社日本語WindowsXP/2000/NT4.0/Me/98SE
シリアルポート : 115.2kbpsの転送レート
LANポート : 10Mbps(または10/100Mbpsオートネゴシエーション対応)

制御用基本ソフトウェアの入手方法や価格は?

  • 制御ソフトウェアNextStreamユーティリティは製品の付属品です。
    (標準添付しております) オプションソフトウェア(オートテスト等)は有償ですので別途購入願います。

NXS100装置とNXS1400装置の違いは?

  • 基本機能とスループット性能は同等です。 細部に関しては、上位機種であるNXS1400シリーズの方がより充実した機能を搭載しております。 詳細な情報は[仕様比較表]をご覧ください。

ワイヤレートの試験は可能ですか?

  • 可能です。 NXS1400装置は指定する全フレームサイズに対し、フルワイヤーレート(100%)での送受信が可能です。 またフレームサイズは、1バイト刻みで指定できます。負荷率の設定オーダは(0.1%)で設定可能です。

IPv6の負荷(フレーム)送出に対応していますか?

  • 対応しています。固定フレームのL3ヘッダ編集画面で設定可能です。

ジャンボフレーム(オーバーサイズフレーム)を送出できますか

  • 可能です。 NXS1400F装置で最大1,800バイトまで、NXS1400G装置で最大10,000バイトまで送受信可能です。

一定数量連続してフレームを送信することは可能でしょうか?

  • 可能です。フレーム送信の「単発」送信機能をお使いください。送信フレーム数を指定し、単発送信を実行することで実現できます。

受信フレーム毎のスループットは測定可能でしょうか?

  • 可能です。QoS機能を搭載しております。特定条件を満たすフレームのレートを測定できます。(アドレスやタイプ値等を条件設定可能) VLAN ID毎のレートを測定することも可能です。

NXS装置のビットエラーチェック機能とはどのような機能ですか?

  • NXS装置対向において、中継装置中のバスやメモリで発生するデータ化け(ビット反転など)について独自のフォーマットによる"UDP/IPv4"のビットエラー検出を可能としました。また伝送路上のデータ化けはMACフレームのFCSエラーにより検出可能です。

フルワイヤ転送環境でのフレームキャプチャは可能ですか?

  • 可能です。キャプチャ条件(MAC-DA/SA,IP-DA/SA,TYPE)の設定により対象フレームの選定も可能です。

NXSオートテストは有償ですか?

  • 有償です。本ソフトは、NXS1400装置1台あたり1ライセンス必要となります。 また、対向NXS装置(NXS1400装置、またはNXS100装置)が必要となります。 NXS1400装置単体では動作いたしませんので、ご注意ください。

 1     2       3       4      次ページ   arrow-double