GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

ソフトウェア

 NXS7000シリーズのご紹介 |  製品概要 |  適用例 |  ソフトウェア |  仕様・カタログ |


ソフトウェア

Next Streamユーティリティ7(NXS7000シリーズ専用ソフトウェア)

  • Next Streamユーティリティ7は、既存のNXSシリーズと同様に優れた操作性を持つNXS7000シリーズ専用ソフトウェアです。
  • Windows画面上のビジュアルな表示を使い、全面的に日本語表示を採用しており、わかりやすい画面を実現しています。なお、初めての方でも簡単に操作できるようにヘルプ画面(日本語)に細かい操作説明を記述しております。
  • 設定データの保存以外に、各種統計情報のサマリ保存(CSV形式)および帯域情報などのグラフ表示の保存(BMP、JPEG、TIFF、PNG形式)が可能ですので、再現試験、試験結果の記録、編集などへの適用が容易です。(連続ログ保存も可能です)

各種設定

  • 回線条件、フィルタ条件、ネットワーク特性などの各種設定および状態確認を行う事が可能です。MACアドレス、VLANアドレス、MPLSラベル、IPアドレスあるいは、TCP/UDPポート番号を条件としたフィルタ設定ができ、特定のパケットグループをエミュレーションの対象とすることが可能です。フィルタは、1クラウドあたり最大4組まで設定可能です。
NXS7000G設定画面
NXS7000G設定画面

ネットワーク特性設定画面

  • 各フィルタ単位に遅延、パケットロス、パケット重複、データエラー、パケット順序変更、リルートの各設定を行う事が可能です。また、物理ポート単位に回線設定、リンク切断、ネットワーク切断、帯域制御の各設定を行う事が可能です。
NXS7000Gパケット効果設定画面

統計情報表示

  • 物理ポート単位およびフィルタ単位での入出力パケット数、入出力帯域、各ネットワークエミュレーション対象パケット数などの統計情報が表示されます。本統計情報により、ネットワークの状態を簡単に知ることが可能です。
サマリ画面

履歴表示

  • ネットワークにおいて、帯域使用率の変化を実時間を横軸として表示することが可能です。本履歴表示により、被試験装置やシステムの帯域使用状況などを知ることが可能となります。
履歴画面

  前ページ      1       2       3     4     5      次ページ