GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

製品概要

 NXS7000シリーズのご紹介 |  製品概要 |  適用例 |  ソフトウェア |  仕様・カタログ |


特長・用途

特長

  • コンパクトな装置サイズながら、複数回線をサポート可能。
    (少クラウド装置は将来的にクラウド数を増やすことができます。[有償オプション])
    • NXS7000G装置: 2機種 (SFPモジュール必須:SX/LX/T)
      • GbE×4ポート(2クラウド)
      • GbE×2ポート(1クラウド)
    • NXS7000F装置: 3機種
      • FE×8ポート(4クラウド)
      • FE×4ポート(2クラウド)
      • FE×2ポート(1クラウド)
  • ハードウェア処理により、低速からワイヤ速度までのエミュレーション処理を実現。
  • 遅延、パケットロス、パケット重複、データエラー、パケット順序変更、リルート、リンク切断、ネットワーク切断などの多くのネットワーク特性/動作をエミュレート。
  • MACアドレス、IPアドレス、TCP/UDPポート番号によルフィルタリングにより、特定のパケットグループのみにエミュレーション効果設定が可能。
  • 装置全体で最大16(NXS7000F)、最大8(NXS7000G)のフィルタリング設定が可能。
  • 上り、下りで異なるネットワーク特性の指定が可能。
  • IPv4、IPv6双方のプロトコル、VLAN、MPLSに対応。
  • ユーティリティソフトウェアにより簡単で操作性の良いWindows-GUIのコンソール機能。
  • 全画面にて日本語表示やグラフ等を用いた統計値の表現。
  • コンソールポートとしてLANポート(100BASE-TX/10BASE-T)を用意。これによりNXS7000装置をリモートで制御可能。
  • W310×D243×H40(mm)、2.0kg以下(ACアダプタ除く)という小型サイズを実現。

用途

  • VoIPシステム、映像配信/監視システム、モバイル関連システム、IPストレージシステム等の開発セクション。
    • 単体試験(ハードウェア・ソフトウェアの動作検証)
    • システム試験(実ネットワーク環境のエミュレート)
    • 量産試験(製品出荷前の機能確認/性能評価)
  • ネットワーク導入/保守セクション
    • VoIPシステム、映像関連システムの実環境への導入前の機能評価/性能評価
  • ネットワーク・アプリケーション開発セクション
    • さまざまなネットワーク環境におけるアプリケーション・ソフトウェアの動作確認/性能評価

機能

基本機能

基本機能
規格 IEEE802.3のスタンダードに準拠
リンク制御 オートネゴシエーション機能(オートネゴシエーションなしにて固定モード動作も可能)
パケット効果対象プロトコル 以下のプロトコルのパケットに対して、パケット効果(各種エミュレーション)設定可能
  • IPv4、IPv6、TCP、UDP、全イーサフレーム(PPPoE、tagVLAN、MPLSパケットも識別可能)
CoSフィ
ルタ

  • IPアドレス(送信元/宛先)、TCP/UDPポート番号などによるパケットのグループ化が可能。
  • MACアドレス(送信元/宛先)、VLANタグ、MPLSラベル、TCP制御フラグ等によるパケットのグループ化が可能です。
パケット
効果
以下のパケット効果(エミュレーション)が可能。
  • 遅延(固定遅延、遅延ジッタ[線形ジッタ、ランダムジッタ、正規分布ジッタ、指数分布ジッタ、ピークジッタ、パター定義])
  • 最大遅延設定値:4秒/1クラウド(NXS7000F)、5秒/1クラウド(NXS7000G)
  • パケットロス(固定、ランダム、Gilbert-Elliot、IPv4フラグメント)
  • パケット重複(固定、ランダム)
  • データエラー(固定、ランダム[データエラー、書換、FCSエラー])
  • パケット順序変更(固定、ランダム[ 逆転、飛び越し])
  • リルート(固定)
帯域制限 物理ポート単位の帯域制限(NXS7000F:9.0kbps~100Mbps/NXS7000G:9.0kbps~1000Mbps)
パッファサイズ
  • 256MB/128MB/64MB/16MB/4MB/1MB/256KB/64KB/32KB/16KB(NXS7000G)
  • 16MB/4MB/1MB/256KB/64KB/32KB/16KB/8KB/4KB(NXS7000F)
伝送路障害
  • リンクダウン状態の擬似発生(発生時間および発生間隔の設定が可能)
  • ネットワークダウンの擬似発生(リンク状態は正常であるが通信不可)(発生時間および発生の間隔の設定が可能)
クラウド数 NXS7000F:最大4クラウド(8ポート)/NXS7000G:最大2クラウド(4ポート)
データの運用・解析 装置設定ファイルは、オフラインでも作成/保存ができます。各種統計情報はファイルに保存することが可能です。
コンソールポート コンソールポートとしてLANポート(100BASE-TX/10BASE-T)用意しました。これにより、NXS7000装置をリモートで制御できます。
Ethernetハンドブック アプリケーションソフト上に、NXSシリーズ共通の「Ethernetハンドブック」をヘルプメニューとしてご用意しています。

トピックス

新機能(V3.0.1)のお知らせ(2006年7月リリース)
ダイナミックモード実行開始時刻設定機能
  • ダイナミックモード試験時に実行開始時刻を最大3個までタイマーに登録することが
    できます。
新機能(V3.0.0)のお知らせ(2005年10月リリース)
パケット効果パターンの拡張
  • 遅延ジッタパターンに、ピークジッタ(RFC1889対応パターン)、パターン定義(ユーザー設定遅延パターン(CSV)の読み込み)が追加されました。
フィルタリング機能の拡張
  • プロトコルタイプ(IPv4)、次ヘッダ(IPv6)条件を追加
その他の拡張
  • バッファサイズの設定(帯域制限)
新製品NXS7000G受注開始のお知らせ(2005年1月リリース)
NXS7000G装置受注開始
  • ギガビットイーサネットに対応したNXS7000G装置の受注を開始しました。
新機能(V1.1.0)のお知らせ(2003年10月リリース)
ダイナミック・エミュレーション機能
  • 時間とともに変化するネットワークの状態をエミュレートするために、パケット効果(遅延、パケットロスなど)やネットワーク効果(リンクダウン、ネットワーク切断など)の変化を自由にスケジューリングできるようになりました。
パケット効果パターンの拡張
  • パケット効果パターンが拡張され、さらに多くのパターンによる検証が可能となりました。
フィルタリング機能の拡張
  • フィルタリング条件および対象パケット種別が拡張され、さらに多くのパケット種別に対して、細かいフィルタリング設定ができるようになりました。
その他の拡張
  • 帯域制限、リンク切断、ネットワーク切断なども機能拡張されました。

オプションソフト(Next Streamマルチウィンドウ(2003年6月リリース)
Next Streamマルチウィンドウ
  • 1台のパソコンから、最大8台までのNXS装置(NXS1400GF/NXS6000GF/NXS5000G/NXS7000F)同時に操作出来る様にする為のユーティリティ支援ソフトウェアです。すべての装置に対して送信/モニタ/テストの一括操作や、各ウィンドウの並べ替えを行う事が可能です。装置・ネットワークに接続した複数のNXS装置を1台のパソコンを使って試験したい場合など非常に便利です。

  前ページ      1     2     3       4       5      次ページ