GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2017年 >
  4. Interop Tokyo 2017に出展します

PRESS RELEASE

2017年5月26日
富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社

Interop Tokyo 2017に出展します

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:棚橋 勝彦)は、来る6月7日~9日の3日間、千葉県幕張メッセで開催される国内最大級のネットワーク関連イベント「Interop Tokyo 2017」に富士通グループとして出展します。
多くの機器を管理したり、大量のセンシングデータを活用したり、様々なIoTシステムを活用する取り組みが進んでいます。
当社は、お客様の取り組みを実現するために必要なセンサーネットワークの構築、IoT機器の管理・制御等の製品化を進めており、最先端技術を用いた具体的な事例を紹介します。

また、ShowNetスポンサーステージで、テーマ:『飛ぶ、届く、LoRa ~IoT実証をやってみてわかったこと~』のプレゼンテーションを行いますので、多数のお客様のご来場をお待ちしております。

展示の見どころ:

「様々なセンサーやネットワークモジュールの組み合わせによるセンサーネットワークの構築」、「監視と制御を行う運用システム」、「収集されたセンサー情報を活用するIoTアプリ」など、データの収集から管理まで一括で提供することが可能なプラットフォームパッケージである『QSIP(QNET SensorNetwork IoT Platform)』を展示いたします。QSIP®は、発売以来、マンホール内の水位を測定するセンサー装置など、様々なIoT分野のセンサー装置に採用されています。

今回は、QSIP®に、長距離無線を実現するLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの一つであるLoRa通信方式を採用することで、IoTサービスをご導入されるお客様に、コストメリットなど、新たな価値を提供いたしました。

また、株式会社富士通研究所が開発した920MHz帯対応「電波干渉可視化技術」を使った可視化ツールを併せて紹介いたします。QSIPの提供するハード・ソフトと組合わせることにより、IoTシステム構築の効率化を実現します。

<QSIP®-LoRaの特長>

QSIP®に、長距離無線を実現するLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの一つであるLoRa通信方式を採用することで、IoTサービスをご導入されるお客様に新たな価値を提供いたします。

  • 従来無線方式と比較して初期導入費用を抑制
    1台のゲートウェイで広域エリア(数100m~数Km)の通信が可能です。その結果、ゲートウェイの設置台数を減らすことができ、ゲートウェイの導入費用を抑えることができます。
  • 無線免許申請が不要
    920MHz帯を使用した特定小電力無線であるため、無線局への無線免許申請が不要です。
  • ランニングコストを抑制
    LoRaを使った長距離無線ネットワークを構築することにより、多数のIoTデバイスを監視する場合のゲートウェイで構成することができ、通信費などのランニングコストを抑えることができます。

QSIP®-LoRaの特長の図

<機器構成>

当社QSIP®-LE(※1)と組み合わせることで、乾電池駆動での長期間動作が可能となり、今までIoT導入が困難であった場所(例えば、電源敷設が困難な山中など)への導入をご検討いただけます。

機器構成の図

[機器構成]
QSIP®-LEにQSIP®-LoRaを搭載
(低消費電力長距離センサーノード)

※1)QSIP®-LE・・・専用ハードウェアによる超低消費電力技術により、乾電池駆動で12ヶ月(*)の監視動作が可能

*連続稼動時間は、当社測定条件による

<機器概観>

  • 筐体は、設置条件(屋外向け防水など)に合わせて6種類用意していますが、お客様のご要望・設置条件に合わせてカスタマイズ可能です。
  • 内蔵基板は、通信インタフェース、センサーインタフェースをカスタマイズ可能です。
筐体 内蔵基板
[筐体] [内蔵基板]

<システム適用イメージ>

  • マンホール内部など無線環境的に厳しい場所でのセンシング
  • 山中や海上など広域なエリアでのセンシング
  • 携帯網などの不感地帯におけるセンシングエリア拡大

システム適用イメージの図

富士通グループブース(ホール4)にて、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

展示会概要

開催日 2017年6月7日(水曜日)~6月9日(金曜日)
会場 幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1)
富士通グループブース小間番号 ホール4(4N32)
主催 Interop Tokyo 実行委員会
運営 一般財団法人インターネット協会
株式会社ナノオプト・メディア
URL http://www.interop.jp/新しいウィンドウで表示
関連ページ http://www.fujitsu.com/jp/group/qnet/resources
/news/press-releases/2017/0117.html

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/05/25.html

出展予定製品

<出展予定>

●QSIP

QSIP(QNET SensorNetwork IoT Platform)の以下製品を展示

①QSIP-LoRa

LoRa通信方式を採用した通信基盤です。超低消費電力技術を搭載したQSIP-LEと組み合わせます。

②QSIP-Manager

センサー機器の監視・制御、およびセンサーの配置に関する各種支援等を行うソフトウェアです。

●電波干渉可視化技術(富士通研究所)

LoRaの拡散変調を可視化する技術を紹介

IoT機器を設置した現場で実際に使われている無線通信を自動識別して表示し、通信規格ごとに、チャネルや場所ごとの混雑状況を可視化します。これにより、IoT機器の適正な設置位置、データ送出間隔、チャネルの設定などを専門家でなくても簡単に決められるようになりました。今回はLoRaの拡散変調を可視化する920MHz帯を参考出展します。

参考プレスリリース:IoTサービスの迅速な提供を実現するフィールドエンジニアリング技術を開発(2016年5月25日)

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/05/25.html

<ShowNetスポンサーステージ>

●テーマ: 『飛ぶ、届く、LoRa ~IoT実証をやってみてわかったこと~』

日時:6月8日(木曜日) 16時~16時20分

場所:スポンサーステージ特設会場(ホール4)

お問い合わせ先

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社ビジネス戦略室
icon-telephone 電話 : 092-852-3143
icon-mail E-mail : qnet-iot@cs.jp.fujitsu.com

以上