GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2016年 >
  4. 組込み開発向け、RTOSエミュレータの提供開始

PRESS RELEASE

2016年8月2日
富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社

組込み開発向け、RTOSエミュレータの提供開始

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:棚橋 勝彦)は、組込み開発向け、RTOSエミュレータ「QNET multiple OS abstraction interface library」(以下、QmOSTM)の販売を開始しました。(2016年8月提供開始)

製品名

  • QmOSTM(キューモス)「QNET multiple OS abstraction interface library」

製品の特徴

QmOSは、様々なRTOSをLinux上で動作させるRTOSエミュレータです。近年の組込みソフトウェア開発は、開発期間の短縮、開発コスト圧縮が命題となっています。組込み装置開発の現場で、既存資産の有効活用をサポートするQmOSの導入により、お客様の開発コストを削減することができます。

  • お客様のRTOS向けソフトウェアに記述されたプログラムやコードを最小限の変更で、そのままLinuxで実行可能です。
  • RTOSレベルのμsecタイマ精度、RTOSタスクのスケジューリング、ハードウェア割込み機能などを、ソフトウェアで実現。特許出願中(出願番号2015-021530)

関連リンク

販売開始

  • 2016年8月

本件に関するお問い合わせ先

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社

icon-telephone 電話:082-207-0347

icon-mail E-mail:qnet-qmos@cs.jp.fujitsu.com

以上