GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通九州ネットワークテクノロジーズ

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2015年 >
  4. ネットワークトポロジー3次元可視化ツール「NXS-TVL」の画面作成支援ツールを提供開始

PRESS RELEASE

2015年12月22日
富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社

ネットワークトポロジー3次元可視化ツール「NXS-TVL」の画面作成支援ツールを提供開始

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社(本社:福岡県福岡市早良区百道浜2-2-1富士通九州R&Dセンター、代表取締役社長:棚橋 勝彦)は、ネットワークトポロジー3次元可視化ツール「Next Stream Topology Visualizer(NXS-TVL)」で表示する3次元画面の作成を支援するツールの提供を開始します。

NXS-TVLは、ネットワークのトポロジーを3次元表示可能とし、ネットワーク監視画面等の可視化をサポートするビューアツールです。
3次元表示で表現することにより直感的にシステムの状況が理解できるため、システムの状態把握や制御操作が容易になることに加え、監視員の導入教育や経営者層へのシステム状況説明などもスムーズに行えます。

図.ネットワーク監視への適用例図.ネットワーク監視への適用例

NXS-TVLは、入力情報としてXML形式のファイルを取り込むことにより3次元表示を行っておりますが、XML形式のファイルをより簡単に作成できるGUIベースの画面作成支援ツール(*1)をご提供させていただくことになりました。 これにより、利用者ご自身で様々な画面を容易に作成することが可能となります。

また、本製品の導入をご検討頂ける方を対象に試用ライセンス(*2)をご提供可能です。この機会にお気軽にお問い合わせください。

(*1) 画面作成支援ツールは製品保証の対象外です。
(*2) 保守サービスをご要望される場合には有償にてご対応いたします。

図.画面作成支援ツール図.画面作成支援ツール

製品名

  • Next Stream Topology Visualizer(NXS-TVL)

関連リンク

販売開始

  • 2015年6月(画面作成支援ツールの提供は2015年12月)

価格(税別)

  • サーバライセンス(1台あたり)
    • 一括ライセンス:180万円~
    • 年間ライセンス:60万円~
  • 個別カスタマイズ、年間保守サービス等、各種サービスもご用意しています。

本件に関するお問い合わせ先

富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社 第一開発統括部 ソリューション部
icon-telephone電話 092-852-8034(直通)
icon-mailE-mail:qnet-nxs@cs.jp.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。