GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Japan

GIS山間王

GIS山間王イメージ

GIS(Geographic Information Systems)とは、地理情報システムのことで、地理的位置や空間に関する情報を持った自然、社会、経済などに関する様々なデータをデジタル化された地図の上に関連づけて統合的に処理、管理、分析するコンピュータ情報処理体系のことを言います。
GIS山間王は、このGISシステムをメイン機能として採用しており、森林計画図面 から森林簿の照会、また、森林簿から森林位置の確認がより簡単に行えます。

GISの取り組みについて

GISは、高度情報通信社会が発展していく中で、行政政策支援や様々な社会経済活動において、諸活動の効率化、迅速化、確実化、コスト削減など多様な効果が得られるものとして、期待されています。
このような社会情勢下で、地域に根差した企業を目指す当社でも、GISを活用したシステム構築のご提案に力を入れています。

特長

導入効果イメージ

  • 「GIS山間王」は、データベースシステム「山間王」と連携して、森林地番図等からの森林情報照会、地番等の文字情報からの位置検索が簡単に行えます。
  • 航空写真(デジタルオルソ)、地籍図等を利用をすることで、システム機能が最大限発揮できます。
  • 弊社推奨GPSシステムとの連携で、現地案内の支援、GPS測量データの取り込み等、双方向でデータ交換が可能です。

機能

【GIS山間王の主な機能一覧】

GIS山間王の主な機能一覧
地図の重ね合わせ表示 地形図や航空写真等に森林地番図(地籍図)を重ね合わせて表示することにより、画面上で境界確認や樹種等の確認が可能となります。
森林情報検索 最新の林況情報で氏名や樹種・林齢などの検索項目も用いて、さまざまな角度から森林情報の検索が可能です。
分布図作成 年度毎の間伐計画地や森林整備支援交付金対象地の分布図を容易に作成できます。
GPS連携機能 GPSシステムへ現地案内箇所の情報提供やGPSを利用した測量結果のデータ取り込みができます。
地図印刷機能 縮尺を任意に指定して印刷可能!また指定範囲内の地図も連続印刷できます。

画面イメージ

動作環境

下記動作環境は、サーバ版の場合です。スタンドアロン版の場合はお問い合わせください。

【GIS山間王の動作環境】
摘要 クライアント
CPU Intel Core i3-4130 (3.40GHz/2コア/3MB)以上
メモリ 4GB
HDD 40GBの空き領域
ディスプレイ モニタ解像度1280×1024dpi(SXGA)以上
プリンタ レーザープリンタ(A3サイズ印刷可能なもの/カラープリンタを推奨)
OS Windows7(32bit)
RDBMS Oracle11g
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国、およびその他の国における登録商標です。
  • Core i3は、米国Intel Corporationの登録商標です。
  • Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。